支離滅裂(専門医≠専門医制度=ボードという考え方を提唱)


─────────────────────────────────
日医の櫻井秀也副会長は次のようにコメントした。 「現在日本には専門医は存在するが、専門医制度というものはない。専門医は、学会が独自に決めているものである。したがって、各学会が自らのルールに基づいて専門医を認定することについて、日医が異論を挟むものではない。アメリカにおいては、学会が決めている専門医とは別に、ボードと呼ばれる専門医制度が存在するが、現在、日医の学術推進会議でも日本における専門医のあり方について検討を進めているところである。」(白クマ通信 No153)
─────────────────────────────────
口は出すが、なにもしないということか・・・日本医師会

by internalmedicine | 2005-07-01 11:56 | 医療一般  

<< 米国の外来ケアの質 抗生剤が変形性関節症に有効? >>