終末期医療、保険から外すべき・・・と 財務省発言

財務省の役人はよほど金持ちなのか・・・病人の気持ちを全く理解してない

こいつらにまかせると、死にゆく時にも貧乏人はまたお金の心配をしながら死ななくてはならなくなるようです。

なんのための医療保険なのでしょう・・・・ねぇ


─────────────────────────────────
8月 8日(月) 終末期医療、保険から外すべき
(財務省 向井法規課長)
http://dr.carenet.co.jp/ed/dr?xcd=CBufB0314&url=%2Fnews%2Fjm%2F2005%2F08%2F0808_02.aspx&arg2=3701-3
─────────────────────────────────

 財務省主計局の向井治紀法規課長は5日、奈良市で行われた財政講演会で、伸び続ける医療費を抑制する観点から、終末期医療について、「どこまで保険で
保障すべきなのか、国民的議論を重ね、コンセンサスを得た上で、公的保険か
ら外すべき
」との私見を披露した。

by internalmedicine | 2005-08-11 09:45 | 医学  

<< 禁煙指導のエビデンス(術前、妊婦) 混合ワクチン・集中的なワクチン... >>