禁煙指導のエビデンス(術前、妊婦)

禁煙指導というのはすればいいというものではない・・・・コストと効果が、ご多分に漏れず評価されるべき・・・・
そして、開業医にとって禁煙指導は生活指導の一環というわりには、依存症の診断やその測定コストなどを考えれば、インセンティブが働きにくい。特に混合診療と、保健医療の間で、禁煙指導しているからきたという患者とのトラブルを恐れ、正当なコストを請求できず・・・ということも多い。
地域保健として行政がやればいいのだが・・・・
いずれにせよ・・・そのコストは税金からであり、本来はJTから負担されるべきコストであるはずであるはずだが・・・・


さらなる問題点は・・・その効果に関するエビデンスが限られていることである。



術前に禁煙してもらうのは当たり前だと思ったのだが、直前ではだめで、ある程度の期間が必要。そして、妊婦喫煙に関してはより悲観的な結果。ひとりでタバコをやめようとするのも困難。
やっかいな病気です・・・・ニコチン依存症


術前禁煙介入は喫煙習慣を変更させるのに有効。減煙・喫煙中止が合併症リスクを減少するという直接の証拠が2つの小さなトライアルでなされ、異なった結果であった。合併症へのインパクトは術前の喫煙習慣変更期間の長さにより変化し、減煙なのか、完全禁煙なのか、手術の種類によっても異なる。
4つのトライアルがクライテリアに合致。すべてのトライアルで有意に術前喫煙を減少させたが、そのeffect sizeはばらつきが見られ、pooled effectは想定できない。
2つのトライアルのみ創部関連合併症に関する喫煙への介入の影響が報告され、一つのトライアルでは、創部関連合併症、心肺合併症、包括的な合併症リスクの有意な減少がみられ、もう一つでは、合併症リスクで相違はなかった。長期間喫煙中止の影響は、周術期間を越えた場合、2つのトライアルとも有意差がなかった。
1998年のものから・・・やや変化が・・・http://www.niph.go.jp/toshokan/cochrane/JP/REVABSTR/JP/jp001118.htm





妊婦に、良質の動機づけインタビュー・禁煙指導は困難
Good quality motivational interviewing did not significantly increase smoking cessation among pregnant women.
Randomised controlled trial of home based motivational interviewing by midwives to help pregnant smokers quit or cut down
http://bmj.bmjjournals.com/cgi/content/full/bmj;331/7513/373

BMJ 2005;331:373-377 (13 August), doi:10.1136/bmj.331.7513.373
喫煙ダメージは、妊婦にも胎児にも悪影響をもたらし、凝固系疾患死因、流産、周産期死亡、低体重児出産、小児喘息、成人の心血管障害へと関連している。
motivational interviewingは1対1のカウンセリングで、タバコ依存の治療にてデザインされたもの。ランダムかトライアルでその意義を調査した。




自助材料にはいろいろなものがあるが,喫煙による作用を理解する,中止を試みる,再喫煙を回避する方法を含んでいる.大抵一般的には,自助材料は読み物であるが,オーディオ,ビデオ,コンピュータなど他の媒体でも入手可能となってきている.自助材料は,特定の喫煙者のグループのために作られたり,個々の喫煙者の特性を考慮にいれて個人用のもの



Interventions for preoperative smoking cessation - Cochrane Reviews
http://www.update-software.com/abstracts/AB002294.htm
標準的な自己禁煙補助用具(自助材料)は、非介入群に比べ禁煙率を増加させるが、その影響は小さいようだ。医療機関からのアドバイスのような介入や、ニコチン置換療法などの他の介入とともにおこなったときに相加的な利益を得るという所見も見いだせなかった。絶対的ではないが、その道具はテーラーメイドされてないときより、テイラーメイドであるときに有効であるというエビデンスはある。
Self-help interventions for smoking cessation - Cochrane Reviews
http://www.update-software.com/abstracts/AB001118.htm


具体的には何かというと

http://www.healthylife.com/Research/Smoking.asp


* ビニール・アルバム(材料をすべて保持する)
* Urge Zapper
* たばこ鉛筆
* 7冊の小冊子
* マッチ
* 教育自助
* たばこスコアカード
* カセットテープ
* 頭のないマッチ
* リラックス・カセットテープ
* ミント
* 写真
* 簡略なカード
* 無煙緊急パック
* 卒業証書




─────────────────────────────────
禁煙に関して書くと例のTBがあるのだろうか?
対策上・・・また、書きます。

禁煙草って・・・ 
http://intmed.exblog.jp/237839/



最近は・・・ネオシーダーの有害性を良くみききしますなぁ
市販の禁煙グッズ 
http://www1.sumoto.gr.jp/shinryou/kituen/goods.htm

by internalmedicine | 2005-08-12 15:34 | 医療一般  

<< 大量胸水・・・癌が多い 終末期医療、保険から外すべき・... >>