Circulating Endothelial Progenitor Cells(EPCs)は心血管疾患のアウトカムの予後因子

幹細胞移植というと難しいようだけど、たとえば冠動脈バイパス出術の時自己骨髄液を流すと幹細胞移植になるかもしれんよ・・・とこの前、どなたかがしゃべってました。
ホントかどうかはわからないけど・・


Circulating Endothelial Progenitor Cells and Cardiovascular Outcomes
NEJM Volume 353:999-1007 September 8, 2005 Number 10
http://content.nejm.org/cgi/content/short/353/10/999
endothelial progenitor cells(EPCs)は、骨髄由来で、血管内皮のintegrityをサポートする小野と考えられている。EPCsの数と機能は、心血管リスクと逆相関するが、その予後との関係はまだ判明されてなかった。
CD34とkinsase insert domain receptor(KDR)陽性のEPCsの数をフローサイトメトリーを用いて血管造影にて同定した冠動脈疾患患者519名で同定。12ヶ月後心血管脂肪・・・等を測定。
結果:43名が死亡、心血管疾患で23名が脂肪。214名の患者でmajor cardiovascular event生じた。
補正後、心血管疾患死亡リスク(hazard ratio, 0.31; 95 %CI, 0.16 to 0.63; P=0.001)、最初の重篤な心血管イベント(hazard ratio, 0.74; 95 %CI, 0.62 to 0.89; P=0.002)、再疎通(hazard ratio, 0.77; 95 %CI, 0.62 to 0.95; P=0.02)、入院(hazard ratio, 0.76; 95 %CI, 0.63 to 0.94; P=0.01)はEPCsの値が増加するほど減少
EPCsは心筋梗塞、全原因死亡の予後因子ではなかった。



骨髄から末梢血管循環し、endothelial progenitor cells(EPCs)、冠動脈疾患患者、重大な心血管イベント後のneoangiogenesisに関与しておr、血管内皮の増殖・分化能力をもち、再生の理想的な関与するものである。動物実験で、幹細胞やEPCsの全身的なapplicationやmodification[を用いて、損傷や動脈硬化進展への血管内皮修復に影響を与えたという報告がある。人では、まだよくわかっていない。
冠動脈内EPCs投与が心筋梗塞後の左室機能の改善をもたらすかもしれない。心血管リスクの累積やリスクの増加にEPCsの減少が関係するかもしれない。

by internalmedicine | 2005-09-12 16:40 | 動脈硬化/循環器  

<< 肺動脈モニターは臨床アウトカム... ASCOT-BPLA トライア... >>