「どなたかお医者様いらっしゃいませんか?」に思うダブル・エフェクト

わたしは経験ありませんが、ドクター・コールというのがあります。

最近はCMなどで笑いのネタになっている・・「どなたかお医者様いらっしゃいませんか?」というあれですね。

医者になる前、医者に成り立ての頃は、不謹慎ながら、そのような機会に遭遇することを飛行機に乗ったときは期待していた部分もありました。いろいろ医者になって経験をつんでくると、怖くなってきます。法律上医師のみならず、おそらく、手助けした人たちの結果責任までとわれてしまうのです。特に医師は医師法上の応召義務とやらがあり、表面的理解だけだと、ドクター・コールに逆らえないとする考えも一部あります(この事に関しては反論が多いようです)。


緩和的鎮静: ダブル・エフェクト 日本の終末期医療の問題点(http://intmed.exblog.jp/2323230/)でも言及しましたが、「二重結果の原則」(The principle of double effect)が、法曹判断で認められてない現状から考えて、ボランティアとして参加する場合のドクター・コールも例外と考えられないのでしょう。一部、救急の専門家がいくら救急の世界は例外と叫んでも、医師に限らず、この結果責任追及は、法律上の明確な判断が示されない限り、その不安は払拭されないのです。



航空機内での救急医療援助に関する医師の意識調査
~よきサマリア人の法は必要か?~
http://plaza.umin.ac.jp/~GHDNet/04/samaritan/
・・この報告は貴重であるが、残念ながら十分なサンプル数とはいえない上、統計学的有意差ということだけにとらわれてしまって明確な問題点呈示ができずに終わっています。
たとえば、 ドクターコールに対して申し出ると回答した医師の同理由として「法律」を挙げてますが、設問が不明瞭です。“わからない”と答えた回答者の気持ちがよくわかり、ます。法律が整備されてるから同意するのか、法律が整備されていないから同意しないのかがわからないし、設問自体への疑問から“わからない”と答えてしまうのです。設問設定の不備と私は思います。
“よきサマリア人法の新規立法の必要性については両群とも必要とする意見が最も多く,有意差も認めなかった”に関しても設問の不明瞭さがあります。
必要というのは35名、不要というのは7名、不明が24名でした。統計学的に白黒つけるためにはサンプル数として、概算すれば4万から5万人の調査が必要なようで、否定してはいけませんわなぁ・・・

設問を工夫すれば、2千人程度で良いという推定ができますし、いずれにせよサンプル数の少なさが有意差無しの主因です。やる気が有れば、医師のこの“よきサマリア法”への悲痛な訴えをまとめることができるのです。>>医師会様、関連学会様、厚生労働省様



機内での手当てはボランティア(10/03)
http://www.sankei.co.jp/life/kanja/051003_002.htm

などをみると、
業としての行為なら報酬はそれに見合うものが有るべきだし、ボランティアなら無償というのもその語源をみれば間違いですが、医師法にかかれる応召義務に従った場合は、厳格には自らの意志に従ったわけではないので、それなりの報酬があるべきです。タクシーが通りがかりに、重い荷物をもっていた老人に手を貸して、車に乗せてあげた場合にタクシー代を老人に請求したという場合とは、この応召義務という法律がある限り異なるはずです。

しかしながら、前記アンケート調査にみられるように、医師はこのボランティアに対しては報酬にはこだわってない。


現在の法曹判断の主流はダブル・スタンダードをみとめないので、結果論にて医師の責任が問われてます。故に、考えれば考えるほど、手を挙げたもの負け。ボランティア精神にあふれた一部医師だけがリスクを負うこととなるわけです。(:ゲーム理論の囚人問題のように後日考察してみよう)

危惧すべきは、経験年数の少ない、若い医師が、このドクター・コールに危惧を抱いていおり、手を挙げる人が少ないということです。この傾向はさらに強まるでしょう。


わたしなぞは高所恐怖症 故、飛行機の上は、それだけでふらふらになります。田舎の大学出身の強みで、東京便なぞ、知り合いの医者が搭乗している機会が多くというより、いない方がほとんどないという現状で実際にドクター・コールがあってもその先生方ががんばるだろうと・・・(向こうもそう思ってたりして・・・)

これでは、ドクター・コールに物好きな後先を恐れない勇猛果敢な医者以外だれも声を上げようとしなくなる。そうならないためには・・・ダブル・エフェクトを含め、良きサマリア人の法を早急に・・・
救急の先生が、AEDに関し、そのダブル・エフェクトは問われないという話をテレビで言ってましたが、最終的にはムヤムヤ・・・AED整備しなければならないのにその法的な整備がおくれているのでは?

このドクターコールに限らず、AEDの問題でも、政府筋の見解でも良いのだろうから、良きサマリア・ダブルエフェクトの問題を早急に解決すべき

by internalmedicine | 2005-10-17 11:02 | 医療一般  

<< 吸入インスリンの2型糖尿病治験... 緩和的鎮静: ダブル・エフェク... >>