腰椎穿刺針の長さ

Lumbar puncture needle length determination
The American Journal of Emergency Medicine Volume 23, Issue 6 , October 2005, Pages 742-746


後顧的コホート研究で、、腹部CTを受けた患者で、175名の患者で誕生25日~80歳までのデータで、身長48-181.5cm、体重3.0-127.3kg、BMIは11.7-49.7kg/m-2

LP深さ(cm)=1+17×(体重/身長)

R2=0.81、短い場合は6%、長い場合は31%であった。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


実地的で役立つ論文・・・・こういうのも論文になるのだなぁという・・・
この調子で、骨髄穿刺針、胸水穿刺針、中心静脈栄養チューブの長さ、食道の長さ、胃管厨ー部の長さ、尿道カテーテルの長さ・・・など検討してほしいもの・・・


そういえば・・・ワクチンの注射方法ってので、ゲーコクはかなりこだわってたはず・・・
Needle Length and Injection Technique for Efficient Intramuscular Vaccine Delivery in Infants and Children Evaluated Through an Ultrasonographic Determination of Subcutaneous and Muscle Layer Thickness
PEDIATRICS Vol. 100 No. 3 September 1997, pp. 400-403

→結論:http://pediatrics.aappublications.org/cgi/content/full/100/3/400/T1


もっとも・・・筋肉注射は・・・2つの推奨方法があるとか書かれている
1)USでもっとも使われるのは、骨に達しないところまで筋肉をつまんで行う方法
2)WH0推奨方法は、皮膚を親指と指で伸ばして90度の角度で打つこと
日本はどの方法をそういえば推奨してるのだろう・・
筋肉注射で指導してくれた医者が教えてくれたのは(1)の方法であった。
・・・痛くない筋注方法と書かれたものに近い

皮下注射は教科書的な・・・> これで45度と書かれてるのをみたが、他にもテント法とやらがあるらしい。

ガイドラインにも記載

by internalmedicine | 2005-10-26 14:52 | 医療一般  

<< 周術期高濃度酸素療法はやはり術... COPDは塵肺? >>