psychological harassment at ・・・・

英語にないのに勝手に造語を作る人がいる・・・書籍のタイトルにしたもの勝ち・・・ということで英語だけでなく、日本語も乱れる。

sexual harassmentという言葉は英語ではあるが、power harassmentというのは造語だそうである。

最近はacademic harassmentなんてのが使われてるが、最初に作った人間はちっとも学術的でない人間であることは確かである・・・

こういうのはおそらく、 psychological harassment at ・・・・というのが正しいのではないかと思う。

ドクターハラスメントというのは、英語としても、日本語としてもおかしいのだが、かなり流布しているらしい・・・提唱者らしい先生が先月亡くなったとのこと・・・謹んで哀悼

このハラスメント・・・・Webでその経験談が多く書かれているが、医療という行為自体が誤解されてたり、疑念の視点からのものも多かったり・・・弁護をしたくなることも多い。・・・最初からhostileの態度で接してくる方も多く、非常に苦労することが多いので同業者として加害者?としての医師の方の弁護したくなるのはわかってほしい。

あきらかに、同業者でも態度悪いのもいて・・・土屋先生も難儀したのだろう


1)5歳のこどもに“お口をあけて”って舌圧子とライトをもちながら、なだめながら口を除こうとした瞬間・・・・つばをもろに吐きかけられてしまった上に、この子は気に入らないとこういう態度になるんですよと・・・悪びれず誤らず・・・ぐっと我慢

2)匿名の健康相談の電話で、1時間くらい相手させられて、別に怒らせることをいったつもりもないのだが、“藪医者・死ね”と・・・(確かに藪医者は否定しないが・・・)・・・ぐっと我慢

3)午前2時半に、気分悪いからみてくれ・・・ということで、みたら・・・・ねむれないから話し相手をしてくれ・・・(こっちの方はかなりの重症というはなしだったのに・・・)・・・ぐっと我慢

人間だんだん年とってくると・・・丸くなったものです
若い頃だったら、後先考えずに・・・と考えるとおそろしい・・・

しかし、今考えると・・・慇懃に対応する方法が良かったのかもしれませんな
1)私つばをはきかけらて診断をするのが得意なんです
2)捨て台詞というのは言う方に心の傷が残りますから、あなたのその後の傷が心配です。
3)睡眠障害というのは自分にとって非常に不愉快な病気です。そういう不愉快な時間をわたしのようなものとの相手ですこしでもまぎれてくれるならうれしいです。

・・・・どうだ、臨床医なんて、牧師さんたちのように、常に波風の立たない、平安で、清い心でないといけないんだぞ!


医者も患者もいろいろありますわな・・・別に医者が強い立場だとはもうおもえないのだけど・・・メディアは一方的に医者が悪いと言いますが・・・むしろ、医者は弱い立場で、ぺーシャント・ハラスメント・・

by internalmedicine | 2005-11-01 17:05 | 医療一般  

<< 日米インフルエンザ対策チームの違い 学徒喫煙:背が伸びないよ >>