高血圧前症への薬物治療(TROPHY)

Trial of Preventing Hypertension(TROPHY)
hypothesis))の高血圧前症(Prehypertension)からの薬物治療の有効性仮説の証明がなされた。

ただ、Editorialでは実際の治療に反映するかどうか、コストを含め解決すべき問題が多く残ると書かれている


武田のプレスリリースでも取り上げている・・・

ESH/ESC高血圧ガイドライン(ESH)では否定的に捕らえられているprehypertensionに薬物治療という積極的治療法がとられたのである。


【原著】
Feasibility of Treating Prehypertension with an Angiotensin-Receptor Blocker
http://content.nejm.org/cgi/content/abstract/NEJMoa060838

・収縮期血圧130-139mmHg&拡張期血圧89mmHg以下
・収縮期血圧139mmHg以下&拡張期血圧85-89mmHg
を2年Candesartanとプラセボに割り当てる
stage 1 高血圧に到達したときに降圧治療を開始する

合計809名をランダム化(409名をcandesartan、400名をプラセボへ)
772名(candesartan 391名、プラセボ 381名、平均38.5歳、59.6%が男性のデータが解析対象
最初の2年、高血圧にプラセボ群154名、candesartan群53名進展
4年後、高血圧はプラセボで240名、candesartanで208名(RR 15.6% P<0.007)

重篤な副作用はプラセボ 5.9%、candesartan群 3.5%


4年経過にて、無治療prehypertensionの2/3がstage 1高血圧へ移行する。
prehypertensionのcandesartan治療は耐容性に優れ、研究中の高血圧incidentを減少させる。



この図表なのだが
高血圧前症への薬物治療(TROPHY)_a0007242_14413695.jpg


・・・・何か変?


さて、・・・prehypertensionに対する薬物療法を行った理由、ARBを選んだ理由

prehypertensionは、統計的に他のリスク要因を補正しても心血管イベントの重大な予後因子、更なる血圧低下がリスク軽減につながる可能性
細動脈肥厚、血管内皮機能障害、血管痙攣増加、血管拡張減少などが構造的・機能的にprehypertensionで存在する可能性
交感神経系やレニン・アンジオテンシン系刺激を解する増殖因子が直接および血行動態を介して血管肥厚を生じる。ヒトではACE阻害剤やARB治療で細動脈肥厚にて消退させることが示唆(ベータ遮断剤ではない)。
若年ラットでACE阻害剤治療により高血圧の進展を促進する可能性。※
ガイドラインではprehypertensionはライフスタイル改善、体重減少、塩分制限、運動、食事の変容が深慮所での血圧低下を示すとされている。しかし、prehypertensionの人はさらに増加している現状。
さらにライフスタイルの変容による長期的効果のエビデンスは存在しない・少ない
とのこと


ACE阻害剤が若年ラットで高血圧促進の可能性の参照論文

Brief angiotensin converting enzyme inhibitor treatment in young spontaneously hypertensive rats reduces blood pressure longterm. Hypertension 1990;16:603-14.

Prevention of genetic hypertension by early treatment of spontaneously hypertensive rats with the angiotensin converting enzyme inhibitor captopril. Hypertension 1993;22: 139-46.
・・・ちょっと気になる記載であった。ARBはACE-Iを優越性試験では超えてないと思っていただけに・・・



高血圧前症にライフスタイルの改善で高血圧へ進展が予防できるかどうか・・・是非確立してほしいところではある。


現実的にこの状態の人に降圧剤を処方するかというと・・・薬物療法そのものへの不安を訴えるひとは昨今さらに増加してきているので、高血圧症治療のStage 1で薬物治療を躊躇している人への説得材料として用いられるデータとして有効なのかもしれない。

それにしても・・・ブロプレスの講演会のネタに・・・なるのだろう
・・・その時は質問として・・・先生は結局prehypertensionにブロプレス処方しますか?
・・・・しかも16mg・・・

by internalmedicine | 2006-03-15 15:03 | 動脈硬化/循環器  

<< CD4+ Invariant ... ニコチン依存症管理料 >>