ステロイドが心房細動の誘因になるそうな・・


High-Dose Corticosteroids Tied to Increased Risk of Atrial Fibrillation
Arch Intern Med 2006;165:1016-1020.(165→166の間違いでは?)
住民ベースのコホート研究によりコルチコステロイドの高用量治療により、適応の違いなく、新規心房細動発生リスク増加と関連することが示唆された。
この影響は予想より頻度が高いものであったらしい。
Archive of Internal Medicien 5月8日、Strickerらは、55才以上のロッテルダム研究7983名の成人で、8年間フォローアップにて885名新規発症心房細動の報告。
1ヶ月以内の処方にて新規心房細動発症のリスクはOdds比 3.75

低・中等量コルチコステロイドは心房細動増加と関連せず(といいながらodds比 1.42?)

by internalmedicine | 2006-05-10 14:14 | 動脈硬化/循環器  

<< COPD急性増悪:気道炎症・コ... 骨髄穿刺は腸骨アプローチのみ? >>