FDAは緑茶・緑茶成分の効果をみとめず

脳科学などに啓発された馬鹿な政治家が、テレビゲームの批判だけを行い、肝心のメディアバイオレンスに全く言及しない変な国日本。


緑茶・緑茶が健康に良いとテレビなどのメディアで盛んに宣伝ともニュースとも区別なく報道され続けてきているが、
現時点では確定的なことがいえる研究はないとFDAから言われたようなもの・・・政治的なものだろうと曲解的解説がなされるだろうとは想像されるが・・・




緑茶効果、米FDA認めず 伊藤園の表示許可申請
[ 05月11日 18時11分 ] 共同通信

 緑茶飲料メーカー大手「伊藤園」(東京)と同社の米国現地法人が、緑茶成分カテキンによる心血管疾患のリスク減少効果について、商品への表示許可を米食品医薬品局(FDA)に申請、「信頼できる科学的根拠はない」として棄却されたことが11日、分かった。
 伊藤園によると、米国で販売する緑茶飲料に「カテキンを含む緑茶を毎日150ミリリットル以上摂取すれば心血管疾患のリスク要因が減少する。FDAも根拠を支持できるとしている」と表示することを求め、動物実験や人を対象にした研究論文など計105件の資料とともに昨年6月、申請した。



FDAのサイト:
Qualified Health Claims: Letter of Denial -
Green Tea and Reduced Risk of Cardiovascular Disease
http://www.cfsan.fda.gov/~dms/qhcgtea2.html
この書簡は伊藤園(株)・伊藤園(北米)によるFDAへのhealth calim petitionに応じたもの。緑茶と心血管疾患リスク減少との相関を評価。
カテキン源として緑茶を1日150ml最低消費することは心血管リスク要因減少に役立つかもしれないとした。FDAは指示したが、結論はできないと報告した。


FDAは2005年7月28日陳情書を提出し、60日のコメント期間を掲示後、agencyのガイダンスに一致した手順を経た。
この書簡では、緑茶・緑茶成分の確かな科学的健康上の効果ある証拠・CVDに関するリスク減少を認めないというFDAの決定を公表したもの




癌関係も・・・証拠不足
いくつかの研究結果と逆に、緑茶はおそらく、乳ガン・前立腺癌や他の癌の予防効果がないとのべた。2つの研究では女性乳ガンのリスクを減少することが示されなかったが、さらに弱い、限定的な研究でしか緑茶のリスク軽減を示せなかった。
FDAは結論として、緑茶が乳ガンリスク減少しそうもないと結論づけた。
唯一弱く、限定的な研究でしか、緑茶は前立腺癌のリスクを減少を示せえなかった。
FDAはさらに、緑茶の使用と他の癌のリスクを示せるような質の高い研究は存在しないと結論づけている。
MSNBC:
http://www.msnbc.msn.com/id/8424430/

by internalmedicine | 2006-05-11 23:23 | Quack  

<< 脳神経外科から楽な科へ進路変更? 医療過誤の訴訟・真の過誤比率・... >>