CO濃度測定器

なぜ、禁煙指導時CO測定を行うのだろう・・・


Smokerlyzer(R)


当方、先行して入手していたので、今回の健保適用条件にされたことには何の違和感も感じなかった。
(コチニン尿中濃度ではなぜだめなのかという疑問はのこるが)

・・・マウスピースがもったいないので代換品を探したいきさつ→別館



 そもそも、スパイロなマウスピースがなぜ流用できないのかも疑問なのだが・・・とても無駄な出費と思われ・・・

以下の論文では・・・
禁煙指導の時の測定指標として、呼気中のCO濃度だけでなく、スパイロメトリーと呼吸器症状などを指標とされ、客観的指標の有用性が示されている
Adding spirometry, carbon monoxide, and pulmonary symptom results to smoking cessation counseling: a randomized trial.
J Gen Intern Med. 1990 Jan-Feb;5(1):16-22.



いまさらだが、禁煙に関して、各種ガイドラインが発表されている。
e.g.)NGC


指導看護師は禁煙に関する激励・助言を行う。その内容の一つとして、CO濃度指標を使うことと記載されている。
Thorax 2000;55:987-999 ( December )

その助言、激励の材料のひとつとして、客観的指標を用いるのはよいことだと思うのだが・・・


医療保険下にがんじがらめの役人のお仕着せ型指導は表層的になりやすいので、時にそのマニュアルに疑問を持つことは大事だと思う。・・・官僚システム型に形成されたガイドラインに関してもその有益性に関してはtitrationが必要であるというのは他の医療システムの一緒。

by internalmedicine | 2006-06-09 09:18 | 医療一般  

<< 市中肺炎治療点滴後、5日間の抗... 妊娠初期(First Trim... >>