医療過誤と責め立てることでさらに医療過誤増加へ


福島県の産科医の逮捕劇は、日本では自らが犯罪者になる可能性が臨床をやっている医者ならだれでもでてきたということになった。
日本という社会は、勧善懲悪であり、医療事故・過誤をおこすのは、悪人がおこすのであり、悪人を留置場・刑務所に放り込み、医師免許剥奪すれば、万事解決と警察・検察・裁判所・メディア・一般国民はおもってるのであろうか?

今週のJAMA(JAMA. 2006;296:1071-1078. )によれば、米国でも1999年のとInstitute of Medicneの医療過誤による死者10万人という発表移行、社会的な関心があがっているようである。

入院患者での比率は5-10%、最近では50%とする著作物もある。
いままで、過誤をする側の医師の比率に関する報告は少ないそうで、しかも、横断的自己報告ばかりである。
その報告では、内科レジデントの45%あるいは47%に、トレーニング中医療過誤の経験があるという。
メディカルマネージメント側から合併症、外傷、有害性と指摘された医療過誤に関しては18%、23%、3分の1が少なくとも1回の経験はありという報告。


ありふれた医療過誤の結果、どのような影響を及ぼすかというと・・・レジデントの34%で、自覚した医療過誤が存在。そのことがQOL、共感減少性、うつ状態悪化をもたらし、さらに医療過誤を生じる要因ともなるとのこと。
この報告ではこの調査中に少なくとも1回医療過誤報告。
自覚した医療過誤の存在はその医師ののQOL悪化(P=.02)、burnoutの項目のすべてで悪化(P=.002)
自覚された過誤はうつスクリーニング検査陽性オッズ比 3.29(95%CI 1.90-5.64)
burnout増加、empathy項目(離人症、情緒的消耗感、個人的成績depersonalization, emotional exhaustion, and lower personal accomplishment)減少は、その後の3ヶ月の医療過誤増加と相関している。


まさに、“医療過誤自覚”→ 共感性喪失・もえつき→医療過誤スパイラルという現象が、内科レジデントにみられるのである。



共感性(Empathy)は、cognitive domainとemotive domainからなりたつ多次元
cognitive empathyは、他人の観点・その環境について理解する能力
emotive empathyは、対人的反応性指標( Interpersonal Reactivity Index (IRI))で測定され、4つの独立した7つのsubscaleの、28アイテムから構成されたもの


もえつき(Burnout)は、3つのドメイン、離人症(depersonalization)、感情的疲労(emotional exhaustion)、達成感欠如(a sense of low personal accomplishment) をもたらし、仕事のパフォーマンスを損なうと定義。 Maslach Burnout Inventory (MBI)で測定




日本におけるメディア・司法・行政・国民全般が医者全般への敵意に満ちた視線が向けられ、“共感性欠如”・“もえつき”への方向に向かっているように見える。




Ayasらの報告、超過勤務期間と針刺し事故の比率の評価にて、超過勤務と夜間勤務による針刺し事故の相関
(JAMA. 2006;296:1055-1062. )

超過勤務

夜勤


Landriganらの報告は、ACGME1年次duty-hourスタンダードの報告で、インターンがこのスタンダードを受け入れられてない状況が報告されている。
(JAMA. 2006;296:1063-1070. )

by internalmedicine | 2006-09-08 15:59 | 医療一般  

<< 人間ドックというふざけた言葉 長期持続β2刺激剤の使い方 >>