寄生虫と衛生仮説


“寄生虫がいるとアレルギーになりにくいという話”ってのを以前はよく見聞きする。特定の仮説を支持する学者の意見がメディアで採り上げられ、その反論が一般に知らされることなく、いつのまにか常識化してしまう代表的事例ではないかと思う(藤田先生の寄生虫とヒトの共生の考え)。この寄生虫に関する仮説は論文を検索すれば、衛生仮説の極一分野に過ぎずない。

“古くからの友人”(人間と共存している微生物たち)として、感染と隔する観点から観察しうるという考え方。これは寄生虫だけでなく、細菌、ウィルスなども対象で、特に見受けるのは、細菌のエンドトキシン、室内中の濃度測定など検討されているようである。
もともと、衛生仮説(Hygiene hypothesis)は、まず、寄生虫ありきではなく、Strachan(1989)らの、学童での花粉症・湿疹の疫学研究がオリジナルとされ、兄弟が多いほど感染症が多く、結果的にそれがアレルギー疾患減少へとつながるという仮説。生下時Th2優位であり、Th1/Th2サイトカイン・バランスのくずれがアレルギー疾患の素因となるのではないかという仮説へ進展しているのである。

また、“衛生”の定義あるいは研究項目のよっては、その概念だけが一人歩きして、根拠無きプロビオティクス販売や反ワクチングループに利用されている場合もある。

研究対象・方法に関するあいまいさを除去するために、ガイドラインをもうけようという動きがある。その内容の一例は、“前向きである”、“アトピー疾患減少を証明”、“アレルギー感作・アトピー減少を証明”、“合理的な別の解釈ができるものは駄目”、“生後2年の時期における免疫刺激を対象としたもの”、“主な免疫刺激の対象がTh1”、“Th2、Th1/Th2、免疫応答減少に関するエビデンスであること”である。(引用

今回、腸内の寄生虫感染のシステミックレビュー・メタアナリシスの発表があった。
Asthma and Current Intestinal Parasite Infection Systematic Review and Meta-Analysis
American Journal of Respiratory and Critical Care Medicine Vol 174. pp. 514-523, (2006)
寄生虫感染は、小さな、非有意な喘息リスク増加(OR 1.24 95%CI 0.98-1.57, 29研究)
種別解析では、回虫で有意な喘息増加(OR 1.34 95%CI 1.05-1.71, 20研究)
鉤虫で、有意な大きなリスク減少(OR 0.50 95%CI 0.28-0.98, 9研究)、"infection intensityと相関(p < 0.001 : 3分位による比較)

他の種類では有意な影響はなかった。
・・・種別特異的な影響があるようである。一部寄生虫が“古き友人”として働いていたのかどうか?・・・議論が必要であろう。


今年5月のLance論文には当初から疑問を持っている。
Effect of albendazole treatments on the prevalence of atopy in children living in communities endemic for geohelminth parasites: a cluster-randomised trial.
Lancet. 2006 May 13;367(9522):1598-603.
・・・これは、学童期における介入なので、よく論文として採用されたなぁ・・・と・・・残念ながら上記ガイドラインに従えば、考察対象外と思われるのだ。


わたしに浮かび上がる疑問点として、衛生仮説の免疫学的根拠を説明は、免疫細胞:Th1とTh2リンパ球の2つのサブセットのバランスの欠如ということであった。Th1活性が低下し、Th2 活性が相対的に活動性が増加することで、アレルギーを生じやすいということである。この説明は、1型糖尿病や炎症性腸疾患のようなTh1を介する状態でも、増加がみられるということが世界中で認められるという点で乖離している。
・・・あくまでも仮説であることを念頭において、情報提供が図られるべきであり、薬品・商品説明の上でも留意してもらいたいものである。

by internalmedicine | 2006-09-15 12:06 | 医療一般  

<< ゴミが混じり・効果・安定供給に... C型肝炎キャリアの管理 >>