運動の精神・心理的側面への影響

運動の精神・心理的側面への影響がよくまとめられていたので・・・・・

Exercise for depression:Here’s how to get patients moving
Current Psychiatry online Vol. 3, No. 6 / June 2004
運動の精神面への利点は医学的利益・心臓、高血圧、糖尿病、体重コントロール、骨折予防、骨量維持、コレステロールの改善、良眠、コレステロールの改善ほど知られてない。1)

しかし、運動を勧めることは薬物療法や心理療法と関係せず患者の気分を改善し、良好な状態、生活の質を改善する可能性がある。

全米国国民より運動を定期的にしているひとはうつのレベルが低く、不安神経症が少ない2)


治療介入として運動が、まず、うつ患者で研究されている。
いくつかのデータがこの有効性を支持する
・パニック病における不安症状の軽減 3)
・発達障害患者における破壊的行動の軽減 4)
・慢性疲労症候群軽減 5)
・ボディーイメージ障害患者のボディーイメージの改善 6)
・慢性頭痛の機能増加 7)
・ニコチン依存における喫煙の減少と禁煙性成功率の改善 8)

何故、運動が、このような良好な手助けをするのか。運動の気分へのポジティブな影響はまだよくわからない 9)
生理的心理的な仮説が示唆 10) 11)
動物モデルで研究がなされている。


1. Pate RR, Pratt M, Blair SN, et al.Physical activity and public health. A recommendation from the Centers for Disease Control and Prevention and the American College of Sports Medicine. JAMA 1995;273(5):402-7.
2. Goodwin RD. Association between physical activity and mental disorders among adults in the United States. Prev Med 2003;36:698-703.
3. Broocks A, Bandelow B, Pekrun G, et al. Comparison of aerobic exercise, clomipramine and placebo in the treatment of panic disorder. Am J Psychiatry 1998;155:603-9.
4. Gabler-Halle D, Halle JW, Chung YB. The effects of aerobic exercise on psychological and behavioral variables of individuals with developmental disabilities. A critical review. Res Dev Disabil 1993;14:359-86.
5. Powell P, Bentall RP, Nye FJ, Edwards RH.Patient education to encourage graded exercise in chronic fatigue syndrome. Br J Psychiatry 2004;184:142-6.
6. Pinto BM, Clark MM, Maruyama NC, Feder SI. Psychological and fitness changes associated with exercise participation among women with breast cancer. Psychooncology 2003;12(2):118-26.
7. Tkachuk GA, Martin GL. Exercise therapy for patients with psychiatric disorders: research and clinical implications. Prof š Psychol Res Pract 1999;30:275-82
8. Ussher MH, Taylor AH, West R, McEwen A. Does exercise aid smoking cessation? A systematic review. Addiction 2000;95(2):
199-208.
9. Van Hoomissen JD, Chambliss HO, Holmes PV, Dishman RK. Effects of chronic exercise and imipramine on mRNA for BDNF after olfactory bulbectomy in rat. Brain Res 2003;974:228-235.
10. Plante TG, Rodin J. Physical fitness and enhanced psychological health. Curr Psychol Res Rev 1990;9:3-24.関連
11. Weyerer A, Kupfer B. Physical exercise and psychological health. Sports Med 1994;17(2):108-16.
12. Lawlor DA, Hopker SW. The effectiveness of exercise as an intervention in the management of depression: systematic review and meta-regression analysis of randomized controlled trials. Br Med J 2001;322:1-8.
13. Blumenthal JA, Babyak MA, Moore KA, et al. Effects of exercise training on older adults with major depression. Arch Intern Med 1999;159:2349-56.



DNASCO研究では、内膜中膜肥厚や炎症反応への影響はなかったとのことですが・・
──────────────────────────────────
ITT分析で6年後19.5%の好気的運動閾値の増加あり、、CRP値、頸動脈IMTに変化無し。サブグループ解析で、スタチン服用群除去したところLDL値・収縮期血圧・腹囲補正にて対照より40%のIMT減少((0.12 mm [95% CI, –0.010 to 0.26 mm])vs(0.20 mm [CI, 0.05 to 0.35 mm]))、有意差無し
──────────────────────────────────
運動の直接作用が否定された可能性はあるけど、降圧効果、肥満、LDLコレステロールなどへの影響から間接的に効果があるということになるのでしょうか?
どこぞの偉い循環器の先生は血管内皮への影響ばかり口演していたけど・・・
もっともIMTだけでものをいっていいのか・・・よくわかりませんが・・・プラーク破裂というセントラルドグマからいえば・・・ややトーンダウン・・・・

脈波速度やインピーダンスでごまかす日本の研究者がおおいとわたしは思ってます。
これは、民放の詐欺的健康番組のせいもあるかも・・

by internalmedicine | 2004-06-16 14:25 | 内科全般  

<< 脂肪吸引は動脈硬化予防にはなら... “養老 孟司”さん >>