低脂肪高炭水化物食ダイエットは冠動脈疾患リスクを増やさない


学術団体・医学団体とも低脂肪、高炭水化物食を主体として食事量の減少を、体重マネージメントとしてadvocateし、高脂肪・蛋白、低炭水化物によるダイエットが人気があり、ベストセラー本でこの体重減少方法がさかんに紹介されている。

炭水化物制限の長期安全性は議論のあるところで、血中脂質値、冠動脈疾患への悪影響を心配する向きがある。


低炭水化物食は、体重減少、ひいては肥満予防にとadvocateされてるが、長期安全性は確立していない。

NEJM Volume 355:1991-2002 November 9, 2006 Number 19において、82802名の女性(NHS)で、食事頻度アンケートをとり、低炭水化物食スコアを計算し、低炭水化物食スコアと冠動脈疾患リスクを検討したもので、このスコアは炭水化物、動物性蛋白、動物性脂肪のパーセンテージをベースにしたものである。

20年フォローアップにて、1994名の新規冠動脈疾患記載。
多変量解析補正後、最高・最低十分位比較で、冠動脈相対リスクは 0.94 (95% CI 0.76 ~ 1.18; P for trend=0.19).

炭水化物・植物性蛋白、即物性死亡のエネルギーパーセンテージに基づく相対リスクは0.70 (95% CI, 0.56 ~ 0.88; P = 0.002).

高糖負荷は冠動脈疾患リスク増加と強く相関 (最高・最低10分位比較相対リスク 1.90; 95% CI, 1.15 ~ 3.15; P = 0.003).



結果的には、心血管への影響はすくなそうだが

低炭水化物食は、ケトン産生が重要な要因であるが、ケトン測定されていない研究である。
腎機能低下、骨粗鬆症、微量栄養素、食物繊維への影響や悪性疾患リスクなど今回の研究ではその検討がなされていない。

食事性の蛋白は必ずしも正常の腎機能女性において腎機能低下が関連と関連しないが、軽度腎機能障害を有する場合腎機能低下を促進するというNHSサブループ研究があった。故に高蛋白食の腎機能への長期的影響に関して必ず調査されなければならない。
など、不明な点も多い。

低炭水化物・高脂質食の健康被害と思われるケースでは、“Adkinsダイエットにより生じたケトーシスの事例で、重症となり、軽度膵炎・胃腸炎を生じた”と考えられたケースが紹介されている。


そもそも、体重減少自体、“単純に食事由来の利尿作用によるもの”という考察も成り立つそうであり、まだまだ問題が多い・・・と思う。

by internalmedicine | 2006-11-09 15:43 | 動脈硬化/循環器  

<< 砂糖取りすぎは高リスク 膵臓がん ドパミン・アゴニストで病的ギャ... >>