患者到着からカテーテル操作開始時間(Door-to-Balloon Time)

日本での実態はどうなのだろうか?そういう環境で仕事しなくなってから随分たつので検討もつかないが、90分をガイドラインにしているようである。


米国でも、90分は、なかなか難しいようである。
a0007242_1763363.jpg



Strategies for Reducing the Door-to-Balloon Time in Acute Myocardial Infarction
NEJM Volume 355:2308-2320 November 30, 2006 Number 22
【背景】迅速な再還流治療はST上昇心筋梗塞例において必須であり、ガイドラインでは病院到着から冠動脈内バルーン膨張時間まで(door-to-balloon time)を90分以内とすべきとしている。しかし、この目標に合致しない病院も存在する。door-to-balloon timeにおける病院のStrategyの要因を同定しようと試みたもの

【方法】365の病院で、28戦略のどれが使われているかを調査。

【結果】 多変量解析にて、6つStrategy(戦略)で、有意にdoo-to-balloon timeに相関があった。

1)救急医療医師がカテーテル・ラボを立ち上げる:8.2分

2)central page operator(ポケベル管制塔のようなものか)の呼び出しによってラボを立ち上げる:13.8分
having a single call to a central page operator activate the laboratory (13.8 minutes),

3)患者が病院への途上中で、救急部がカテーテルを立ち上げる:15.4分

4)呼び出された後20分以内に(30分目標と比較した結果)カテーテルラボ到着するするよう、スタッフに準備させる:19.3分

5)attending cardiologist常駐:14.6分

6)救急部とカテーテルラボのスタッフがリアルタイムにデータをフィードバックする環境にある:8.6分


これらの戦略が有効なのに、ごく一部の病院しかこれらを使ってない。


【結論】いくつかの病院戦略により、ST部位上昇型の心筋梗塞例へのdoor-to-ballooning timeを有意に減少できる。

by internalmedicine | 2006-11-30 16:57 | 動脈硬化/循環器  

<< サイアザイド利尿剤+ARBはA... 非アルコール性脂肪性肝炎(NA... >>