FibroIndex

鳥取大学のFibroIndexの論文

Koda M et al. "FibroIndex, a Practical Index for Predicting Significant Fibrosis in Patients with Chronic Hepatitis C." Hepatology 2007;45:297-306.

FibroIndex = 1.738 - 0.064 (platelets [x 104/mm3]) + 0.005(AST [IU/L]) + 0.463 (gamma globulin [g/dl])


肝生検に関して0.6-5%の死亡リスクと不適切なサンプル、観察者間・観察者内discrepancyの問題もあり、生検に問題点がある。
非観血的な肝臓の線維化の指標が必要となっている。

240名の検討で、120名:F0-F3、42名:F4

ベストカット・オフ値:



ROC下部面積は0.83と0.82が有意で、APRI(aminotransferase-to-platelet ratio index)よりすぐれている。
このカットオフ値を使えば、35%ほど肝生検を回避できるとのこと

by internalmedicine | 2007-02-03 08:42 | 医療一般  

<< 研究会に入会しなければ治療して... 英国医師の収入・・・英国医療荒... >>