a rapid and simple search filter (RSSF)

PubMedで、“ "random allocation", "randomized" or "randomly assigned"などをキーワードに検索すれば、臨床医には十分ということだろう


ところで、2つのRCT検索に関して発展があった。

ひとつは、CENTRAL(the Cochrane Central Register of Controlled Trials)であり現在42500の引用、RCTの世界最大包括的なデータベースである。CENTRALのトライアルの大部分はMEDLINEやEMBASEの系統的検索で同定される。CochraneのHSSS(high sensitive search strategy)は改良を続けている。Cochraneハンドブックには、「Cochraneを用いてMEDLINE検索し、引用をフルレポートでチェックする価値はまだ十分にある」と述べている。
しかし、この戦略は実行するには複雑で時間がかかるものである


もう一つは、The CONSORT statementは、MEDLINEやEMBASEのインデックス化されていない対照トライアルのの報告された引用を含み、ほかのbibliographic databaseを含み、広範な手検索を含むものであるCONSORT statementにて、RCT報告の質の改善に役立つ22のチェックリストとフローダイアグラムが示され、介入割り当てを具体的に、 "random allocation", "randomized" or "randomly assigned"などと記載することを推奨しており、RCTの同定に非常に役立つようになった。このことが大きいような気がする。


Making literature searches easier: a rapid and sensitive search filter for retrieving randomized controlled trials from PubMed
Diabetic Medicine Volume 24 Issue 3 Page 308 - March 2007
【目的】PubMed上のRCT検索は、時間がもったいないと考える臨床家に、rapid and simple search filter (RSSF)の感度と正確性が適切かどうかという研究。
【方法】'Randomized Controlled Trial' というtermを含むRSSFはPublication Type fieldを限定することとなる。
2000年から2005年までの論文を用いて感度と正確性をしらべたもの
【結果】16のジャーナルでRCTの半数を含むことが判明、820の糖尿病RCTを手作業で同定。
RSSFによる感度は 96.0% (95% CI, 94.8% ~ 97.1%)、正確性は93.6% (95% CI 91.7% ~ 95.0%)
HSSSに比較して、RSSFは87%フィルターをする必要性を減少
Embase検索は糖尿病RCTsで36(2.1%)PubMedに記載されてないものを検索
【結論】PubMedのRSSFで十分に糖尿病RCTを検索可能で、時間コスト・フィルターコストの無駄を十分に減らすことができる。

by internalmedicine | 2007-03-13 10:39 | 医療一般  

<< 急性心筋梗塞患者をモデルにした... 子供の受動喫煙の悪影響は人種に... >>