ネズミ咬傷


ネズミ咬傷_a0007242_14182527.jpg


ほ乳類からの咬傷は穿通創、裂創、剥離創、挫滅創を生じ、感染、伝播、美容上の問題、重症外傷、死亡をもたらすこともある。
動物の種類、年齢、大きさなどにより影響され、種類や大きさにより咬傷の性質や重症度が異なる。犬や猫咬傷は長期抗生剤使用、手術や他の医療行為など費用を生じることがある。

犬猫の次は、以外にネズミ(rats+mouse)なんだなぁ・・と
馬、ポッサムがこの報告ではあがっている。

by internalmedicine | 2007-03-22 15:04 | 医療一般  

<< インフルエンザ14歳男子、タミ... アメリカの消防士の緊急出動と心... >>