スタチンによる高度腎障害患者の敗血症予防効果

スタチン治療は敗血症の頻度・重症度の減少と相関することが動物実験・人間の観察研究で明らかになっている。透析を開始したような極度の腎障害患者の国内の前向き研究に関する研究で、Guptaらが高リスク群での、スタチンによる敗血症入院減少の相関を見いだした

平均3.4年のフォローアップで、著者らは、有意に敗血症関連入院の減少を示している。

Statin Use and Hospitalization for Sepsis in Patients With Chronic Kidney Disease

JAMA. 2007;297:1455-1464.


スタチンのanti-inflammatory、 immunomodulatory、 antioxidant、 antithromboticとendothelium-stabilising propertiesがその機序として考えられているとのこと・・・




Ref.)
Steiner S, Speidl WS, Pleiner J, et al.
Simvastatin blunts endotoxin-induced tissue factor in vivo.
Circulation 2005; 111: 1841-1846.


Pleiner J, Schaller G, Mittermayer F, et al.
Simvastatin prevents vascular hyporeactivity during inflammation. Circulation 2004; 110: 3349-3354.

by internalmedicine | 2007-04-04 11:18 | 動脈硬化/循環器  

<< 偏頭痛の急性治療:Sumatr... ニューラミニデース阻害剤抵抗性... >>