この患者は認知症になってますか?

認知症同定というのは日常診療になってきたようである。尾道市医師会の取り組みは尊敬に値する。・・・ただ、認知症の診断という面ではちょっと注意が必要そうである。


Does This Patient Have Dementia?
JAMA. 2007;297:2391-2404.

60歳以上の患者の研究で、認知症診断の標準化したクライテリアを用いて研究
データ抽出は2つの独立したレビューアー、3番目のレビューアーが合致性を補正

Mini-Mental State Examinationに対して

陽性結果LR中央値は6.3(95%CI 3.4-47.0)
陰性結果LR中央値は0.19(95%CI 0.06-0.37)


簡略化アプローチは利用可能だが、頻回に研究されているわけではない。

記憶障害を有する場合のLRは 6.5(95%CI 4.4-9.6)

Memory Impairment Screen(必要時間4分)(原著:Neurology 1999;52:231)は
陽性結果LRは 33(95%CI 15.0-72.0)
陰性結果LRは 0.08(95%CI 0.02-0.3)


時計書きは1-3分で有用であるが、適切にスコア化されなければならない
軽症例に対する感度は低い



尾道市医師会認知症早期診断プロジェクト委員会:時計記入テストの使い方(pdf)

by internalmedicine | 2007-06-07 16:07 | 運動系  

<< チアゾリジン系薬剤の心副作用問... 米国冠動脈疾患死亡率半減(19... >>