静脈血栓症は入院中より退院後3ヶ月以内が多い

入院中の静脈血栓症のリスクはたしかに強調されているが、退院後はやや過小評価だったかもしれない。

Venous Thromboembolism in the Outpatient Setting
Arch Intern Med. 2007;167:1471-1475.
1897名のVTEと確認されたエピソードを持つ患者
VTE発症患者のうち、発症したのは外来での患者が73.7%であり
直前3ヶ月以内に手術23.1%、入院36.8%
直前1ヶ月以内の入院既往67.0%

VTEの大きなリスク要因は、悪性疾患(29.0%)、VTE既往(19.9%)

VTE発症にて入院した516名で、42.8%しか抗凝固剤処方されてなかった。

by internalmedicine | 2007-07-24 11:00 | 動脈硬化/循環器  

<< 老人診療のおけるヘルス・リテラシー 無症候性脳梗塞 >>