Clostridium difficile関連疾患のインパクト

既述事項
Clostridium Difficileによる院内感染(2005年12月03日)
抗生剤投与中のprobiotics 2007年07月12日


院内感染で問題になっているClostridium difficileのICU状況下
30日間死亡率36.7%(95%CI 31%-42.4%)

Analysis of 30-Day Mortality for Clostridium difficile-Associated Disease in the ICU Setting
(Chest. 2007; 132:418-424)
ロジスティック解析で、以下の因子がその死亡率増加と関連
敗血症性ショック 補正オッズ比 1.96 (95%CI 1.47-2.61 P=0.01)
病棟からICU転棟 2.12(95% CI, 1.62 t- 2.79; p = 0.006)
APACHEII1ポイント増加 1.09 (95% CI, 1.07 - 1.12; p < 0.001)


CD(Clostridium difficile)関連疾患の寄与死亡率は6.1%(95% CI, – 1.7 ~ 13.9%; p = 0.127)
CD関連疾患はICU滞在期間延長(2.2日間)や病院入院期間(4.5日間)と関係する

by internalmedicine | 2007-08-15 10:55 | 感染症  

<< 毎年身体所見をとるのは意味があ... 急性肺傷害・ARDSにおけるS... >>