拙速な医療調査委員会(医療事故調=医療安全調査委員会)の新設反対


アメリカの謝罪マニュアルは、刑事・民事責任を免責されたものが前提である。それを忘れてなのか、あえて、ふれないで、個人責任だけを追究する制度が創設されようとしている。

謝罪マニュアルの裏側(NEJM記事から読み解く) 2007-06-28
謝罪マニュアルトラップ 2007-08-16


“医療安全調査委員会”は、医師をとことんまで追い詰める制度であり、ますますリスクの高い診療科医師は少なくなり、産科・小児科・脳外科・外科どころか、救急を扱う内科などもその存在があやうくなるだろう。

この意見に賛同したい
 ↓
医療危機を訴える!  -個人責任追及か、医療安全か?-
拙速な医療調査委員会(医療事故調=医療安全調査委員会)の新設反対

http://www.doctor2007.com/iken1.html

by internalmedicine | 2007-12-29 11:55 | 医療一般  

<< 高齢者へのテストステロンサプリ... 不応性喘息に対するクラリスロマ... >>