チメロサールはなくなった、しかし、自閉症は残った


以前のカリフォルニアの報告( California Department of Developmental Services )で、自閉症がワクチン中のチメロサール(Thimerosal)によって生じるという仮説が支持されたわけだが、SchechterとGretherは、1995年1月から2007年3月までの自閉症報告の年次推移をレビューした。ほぼ全部のワクチンからチメロサール除去にかかわらず、3歳以上のこどものautism推定頻度は増加している。


Continuing Increases in Autism Reported to California's Developmental Services System
Mercury in Retrograde
Arch Gen Psychiatry. 2008;65(1):19-24.


チメロサール(Thimerosal)


疫学の難しさがあらためてわかる経緯です。

by internalmedicine | 2008-01-08 15:36 | 医療一般  

<< BRCA1/2 キャリアの乳癌リスク うつとセロトニン代謝回転 >>