多剤抵抗性薬剤へのサイクリング治療モデル

サイクリング治療の数学モデル発表、そして理論的な解明で賞授与?

Carlos Castillo-Chavez(Arizona State University Regents’ Professor)
American Association for the Advancement of Science annual meeting(Feb. 17)

多剤抵抗性は無視できず、random mixing regimeよりcycling programが薬剤抵抗性減少のため役立つということが判明されている。

dual-resistant bacteriaの早期診断、コロナいずされた患者の同定は、dual resistanceの低下を防止維持のきわめて有効であると判明した。



詳細不明だが、Google scholar検索すると、感染症関係を主体に数学モデル構築に相当熱心な研究者のようである。

以下の数学モデルが有名だが、別のモデルを開発したのだろうか?

Ecological theory suggests that antimicrobial cycling will not reduce antimicrobial resistance in hospitals
PNAS Vol. 101(36) 13285-13290 Sep. 7, 2004

by internalmedicine | 2008-02-18 08:51 | 感染症  

<< ミラーニューロン 日焼け止めが珊瑚礁を破壊 >>