cirrhotic cardiomyopathy

Semin Liver Dis 2008; 28: 059-069
このシンドロームの病因は多因子で、βアドレナリン作動性受容体シグナルのtransduction、心筋細胞のの細胞形質膜機能異常、サイトカイン、内因性cannabinoid類、NOなどの心血管抑制因子の活動性増加などである。
cirrhotic cardiomyopathyは通常臨床的には軽症から無自覚であり、明らかな心不全は、肝移植や経門脈性肝内門脈全身シャント挿入などのストレスが関与する場合顕在化する。
さらに、肝腎症候群が関与する。
治療は支持療法が主体で、肝移植にて状況は数ヶ月たてば改善する。



聞き慣れないから、検索したら・・・いくらでも報告が見つかる・・・orz
Review: Therapy Insight: cirrhotic cardiomyopathy
Nature Clinical Practice Gastroenterology & Hepatology (2006) 3, 329-337

Cardiovascular complications of cirrhosis
Gut, February 1, 2008; 57(2): 268 - 278.
Cirrhotic cardiomyopathyは収縮性、拡張性機能障害を有し、電器生理学的異常を有し、アルコール性心筋疾患とは異なるentityである。臨床的に遅れると、cirrhotic cardiomyopathyは身体的、薬物的な負担により顕在化し、適切な血中volume expnasion無しの大量輸液、transjugular intrahepatic portosystemic shunt (TIPS) 挿入、腹膜静脈シャントや手術など注意を払うべきである。
心不全は肝移植後の死亡率の重要な要因であり、移植成功は機能を改善する
非特異的な治療が推奨され、非肝硬変患者と同じく、塩分制限、利尿剤、酸素療法が必要ならなされるべきである。特異的にはACE阻害剤、アンジオテンシン拮抗剤がまず試みられるべきである。心血管合併症とcirrhotic cardiomyopathyの心臓血管疾患の重要性は将来の研究トピックとなるだろう。






Cardiovascular determinants of survival in cirrhosis
Gut, June 1, 2007; 56(6): 746 - 748.


Advances in Critical Care Hepatology
American Journal of Respiratory and Critical Care Medicine Vol 168. pp. 1421-1426, (2003)

Origins of cardiac dysfunction in cirrhosis
Gut, October 1, 2003; 52(10): 1392 - 1394.

Increased circulating pro-brain natriuretic peptide (proBNP) and brain natriuretic peptide (BNP) in patients with cirrhosis: relation to cardiovascular dysfunction and severity of disease
Gut, October 1, 2003; 52(10): 1511 - 1517.

by internalmedicine | 2008-02-28 16:21 | 消化器  

<< 髪の毛の水素・酸素アイソトープ... 診療関連死に関する届出制度と中... >>