ペットとCA-MRSA

CA-MRSAはPanton–Valentine leukocidin (PVL)を産生し、ビルレンスを増加させ、深部膿瘍の播種、壊死性肺炎を生じうる。健常家族と健康なペットの猫にPVL陽性MRSAの伝播関係があることが示された報告。
 ↓
Methicillin-Resistant Staphylococcus aureus in a Family and Its Pet Cat
N Engl J Med 2005;352:1485-1487.


今回、応答の形で事例の追加があった。
 ↓
Methicillin-Resistant Staphylococcus aureus in a Family and Its Pet Cat
N Engl J Med. Vol.358:1200-1201 Mar. 13. 2008


健康な女性に再発性深部膿瘍ができ、いくつかの膿瘍・副鼻腔からβラクタム・fusidic acid抵抗性のMRSA増殖し、PVL遺伝子のlukS-PV と luFk-PV 陽性症例で、SCCmecの遺伝子型SCCmec type IV(CA-MRSAの型)

家族にmupirocin鼻腔軟膏と抗生剤鼻腔洗浄を勧めた。夫・子供はMRSA陰性になったが、本人は陽性のまま

猫の咽頭培養で同様な薬剤抵抗性パターンをしめすMRSA検出
家族検出分と猫検出分のクローナルidentityによりspa遺伝子反復領域と多発配列タイピング、spa-type t131とST80 が見いだされた。USA300クローンに当てはまるものではなかった(参考:市中獲得MRSA USA300クローンの特徴 2008-01-16 08:24
獣医はMRSA陽性の猫はciprofloxacinとリファンピシンで局所的に脱コロナイゼーションを推奨し、結局陰性化した。

companion animalとして、犬がMRSAを有し、家族内伝播を示した報告がある。この事例は、spa-type t131はヒトではきわめて少ないため猫から伝播したもの、あるいは逆も考えられるが・・・


散歩帰りには犬の足のお掃除と、自らの手洗いをわすれずに・・・・

by internalmedicine | 2008-03-13 15:16 | 感染症  

<< 肺癌予後推定因子:遺伝子メチル化 FDA・タミフル神経精神症状ア... >>