旧 「内科専門医」 ⇒ 新 「総合内科専門医」

・・・なんなんだ・・・これは!

社団法人日本内科学会認定「内科専門医」の呼称変更について
http://www.naika.or.jp/info/info080319.html

「内科専門医の医師像」の概念が,「内科専門医」の名称からは判り難く,若干の乖離があると再度指摘を受けることとなった.その後,本会内部での議論と専門医認定制機構との協議の結果,2階建て制度におけるサブスペシャリティー専門医,さらに認定内科医との関連を考慮すると,現在の「内科専門医」は,サブスペシャリティー(臓器)横断的な機能を果たす専門医として,「総合内科専門医」と称するのが適当と結論され,12月11日の本会理事会にて決定された次第である.


「総合」って・・・もっと混乱するだろう・・・と私は思うのだが・・・



H20.4.1以降の標榜科の変更(日医)・・・これも変更
「包括的に規定する方式」とは、
(イ) 「内科」→
(ロ)「外科」 →
(ハ) 「内科」または「外科」と、以下の各事項とを組み合わせたもの。
a) 部位、器官、臓器、組織、又はこれらの果たす機能 →
b) 疾病、病態 →
c) 患者の特性(性別、年齢を示す名称) →
d) 医学的処置 →

(ニ)単独の名称をもって診療科名とするもの。さらに、a~dの各事項との組み合わせも可能。 →
の4つに大別

by internalmedicine | 2008-03-19 11:57 | 内科全般  

<< ウィルソン病における心電図P波... LRP5、LRP6変異と骨粗鬆... >>