経団連のための経団連による日本の社会保障

社会保障(を破壊し)国民(生活を破壊する)会議 が、ただでさえ国民には負担のみ増加させ、サービス水準の低下をもたらしている現状をさらに悪化させようとしている。

この代表、社会保障の知識ないのではないか?

経団連のワンパターンである、低福祉、経団連企業の参入しやすい利益誘導社会保障化(いわゆるIT産業、後発医薬品企業、事業体立福祉施設など)の主張のみ

自民党・公明党さんたちは現状の医療の破綻がこういう経団連主導型低福祉・低医療費施策により生じたことをわかっておらず、のぼけた経団連代表をこの国の社会保障施策の大元に送り込んでいるのである。

社会保障国民会議 サービス保障(医療・介護・福祉)分科会(第1回)
齊藤委員 できるだけ個人の意見ではなくて、経団連としての意見を発表させていただけたらと思う。
 今後、少子高齢化が進展する中で、確実に1.何人で1人を支えなければいけない時代がそこまで来ているので、現役世代のことも考慮に入れながら、何よりも公的な医療保険や介護保険については、持続可能性を確保していくことが大切ではないかと考えている。
 また、セーフティーネットとして必要な医療、介護サービスを確保していくことは、もちろん必要であるけれども、一方で、財源にはおのずから限りがあることも念頭に置いて、制度全般の効率化、給付の重点化、適正化について、真剣に取り組む必要があると考えている。たまたま私は、電機メーカーに勤務している。今ちょうど春闘のさなかであり、賃上げをしても、社会保障負担などの支払で実質賃金が目減りしているというような現状である。財源の検討にあたってはそういう保険料等の負担者の視点を念頭に置いていただきたいと思う。
 次に社会保険というのは、あくまで相互扶助ということが前提であるので、公的保険でカバーすべき範囲についても、真に必要な給付に重点的に対処するなど、抜本的に検討していくことが必要である。自助自立といった観点をぜひ早く国民の皆さんに知らせていただくことが大切だと思う。急にあすからというわけにはやはりいかないと思うので、事前にいろいろと備えをするというのが必要ではなかろうかと思う。あわせて、その中で国民の先進的な医療技術へのアクセスを確保する観点から、いわゆる混合診療についてもぜひ検討していただきたいと考えている。
 また、先ほど、他の委員からも意見が出たけれども、我々経団連も前々から述べているとおり、効率的な制度運営のためにはぜひITの活用であるとか、なかなか国民全体のコンセンサスを得られていないけれども、いわゆるソーシャルセキュリティーカードのような一元管理というようなことを、ぜひ早く日本も導入すべきではなかろうかと考えている。また、政府でも取り組まれているけれども、後発医療品のさらなる使用促進等の施策を実施し、制度の無駄、非効率を排除する具体的な方策を一つ一つ着実にやっていくことが肝要ではなかろうかと考えているので、よろしくお願いいたしたい。



経団連医療改革部会(部会長:齊藤三菱電機取締役上席常務執行役)という御仁・・・単に医療の現場に、IT関連の商品を売り込みたいだけ都市か思えないのだが・・・(検索:http://www.keidanren.or.jp/cgi-bin/estseek_ja.cgi?


それにしても、日本のメディア・・・そろって屑

"75歳以上の医療費が安上がりになる”と一側面だけ報道し、"安上がり=まともな医療が受けられなくなった”という真実はつたえない。保険料と医療費自己負担のミスリードだけでなく、まるで6000円で全ての医療をまかなうのが当然のような報道・・・医療機関を悪者にしてしらぬぞんぜぬを決め込む厚労省・・・そういうことの本質をしらされない当事者である老人と一般国民

e.g.
茨城・山形医師会、高齢者担当医制を拒否

 茨城県と山形県の医師会は4日、75歳以上の外来患者を総合的に診察する「高齢者担当医」を設置しない方針を明らかにした。「一定の年齢で区別して別枠で管理するのは納得できない」(茨城県医師会の原中勝征会長)として反発しているため。同じ動きが他の地域に広がる可能性がある。

 厚生労働省は4月から始まった後期高齢者医療制度で75歳以上の高齢者ごとの担当医を置けるようにしている。担当医がなくても患者はこれまで通りの診察が受けられるが、1カ月に何回も受診すると、患者の医療費負担が重くなる場合がある。(07:00)http://www.nikkei.co.jp/news/keizai/20080405AT3S0401704042008.html

by internalmedicine | 2008-04-05 08:53 | くそ役人  

<< アルツハイマーワクチン:プラー... COPDの気管支拡張効果 >>