横隔膜ペーシング装置:横隔膜麻痺脊損患者限定的人工呼吸離脱に役立つ

FDA Approves Diaphragm-Pacing Device
Device can help paralysis patients breathe without a ventilator for at least four hours
FOR IMMEDIATE RELEASE June 18, 2008

脊損患者への神経刺激技術によるデバイスで、QOL向上に役立つ

植え込み型の電子デバイスで、横隔膜刺激し、脊損患者の4時間ほどの人工呼吸離脱を補助する装置


"NeuRx RA/4は横隔膜の麻痺を治癒するものではないが、1日4時間ほど人工呼吸離脱できることはQOL向上に役立つ”としてFDA認可とのこと




NeuRx Diaphragm Pacing Stimulation (DPS)

by internalmedicine | 2008-06-30 10:24 | 運動系  

<< もう・・・高血圧判定は収縮期だ... 経頭蓋磁気刺激:前兆ありの片頭... >>