ルーチンな血液嫌気性菌培養は不要?

昔から嫌気性ボトルの必要性は議論になってたが・・・

Is Anaerobic Blood Culture Necessary? If So, Who Needs It?
American Journal of the Medical Sciences. 336(1):58-63, July 2008.IWATA, KENTARO MD, MSc; TAKAHASHI, MIWA
研究期間中:血液培養ボトル検討のため試料搬送:17775
微生物増殖所見陽性:2132(12.0%)
好気性菌検体ボトルでの細菌増殖:958(44.7%)
真の感染と判断したボトル:719(33.7%)で、410例の細菌血症

わずか47個(11.5%)のみ嫌気性培養単独陽性

47のうち、偏性嫌気性12例

12例中7例のみ(で、部位検討臨床的評価意味があった・・・ということか?)で、残り5例では細菌血症感染源は不明


1000の血液培養中、嫌気的細菌血症2.7例

嫌気性血症の死亡率への寄与は50%

・・・



日本語訳難しくて一部断念したところありますので・・・

by internalmedicine | 2008-07-25 09:43 | 感染症  

<< 喘息モニタリング:ハンドヘルド... 医学研究への生体試料利用に拒否... >>