Q熱による感染性心内膜炎

Q熱による感染性心内膜炎:Mayo Clinicの経験
American Journal of the Medical Sciences. 336(1):53-57, July 2008.
血清診断で8名同定
1例はクライテリアに合致せず、除外
発熱、弁膜疾患既往全例
3名のみTESで弁膜vegetationあり
7名全員で抗生剤投与治療し、その治療は単一ではない。
6名手術必要で、2名は複数弁
フォローアップ1-17年

信頼可能な報告は無いが、Q熱はUSでは稀
Q熱心内膜炎は異常なnative valveや人工弁でも生じる。
vegetation自体は少ないか、無い
再発は多い。
手術も多く、合併症コストに響く
慢性化と高度合併症のため、培養陰性心内膜炎や原因不明のエコーでの弁輪部のもれケースでの注意が必要。
手術繰り返しを少なくするため適切な診断とテーラーメイド治療が必要かも



Q fever . The Lancet ,
NR Parker, JH Barralet, AM Bell
The Lancet, 2006 - Volume 367 , Issue 9511 , Pages 679 - 688 Elsevier


Endocarditis After Acute Q Fever in Patients with Previously Undiagnosed Valvulopathies
F Fenollar, F Thuny, B Xeridat, H Lepidi, D Raoult - Clinical Infectious Diseases, 2006 - UChicago Press(Clinical Infectious Diseases 2006;42:818–821)

Chronic Q Fever in the United States
Journal of Clinical Microbiology, June 2006, p. 2283-2287, Vol. 44, No. 6

by internalmedicine | 2008-07-26 08:30 | 動脈硬化/循環器  

<< 心肺停止後の医療コスト、長期生... 喘息モニタリング:ハンドヘルド... >>