女性ホルモン補充療法にて胆石増加

Prospective cohort study (Million Women Study)
1,001,391名の閉経後女性(平均年齢 56歳)
NHS(イギリス・スコットランドの国家健康サービス)登録ケース
1996-2001年



Gallbladder disease and use of transdermal versus oral hormone replacement therapy in postmenopausal women: prospective cohort study
BMJ 2008;337:a386
19889名の女性が胆嚢疾患で受診、17190名が手術

HRT未使用比較にて現行使用では、胆嚢疾患受診頻度多い(相対リスク 1.64 95%CI 1.58-1.65)で、経皮的な治療では内服よりリスクが少ない(相対リスク 1.17 95%CI 1.10-1.24 vs 1.74 1.68-1.80、P<0.001)

経口治療女性では、胆嚢疾患がエストラジオールより若干リスクが高く(relative risk 1.79, 1.72 to 1.87 v 1.62, 1.54 to 1.70; heterogeneity P<0.001) 、低用量より高用量でリスクが高い: for equine oestrogens >0.625 mg, 1.91 (1.78 to 2.04) v ≤0.625 mg, 1.76 (1.68 to 1.84); heterogeneity P=0.02; estradiol >1 mg, 1.68 (1.59 to 1.77) v ≤1 mg, 1.44 (1.31 to 1.59); heterogeneity P=0.003

胆嚢疾患リスクは中止後時間に応じて減少する(trend P=0.004).

5年間の100名女性あたりの標準化入院率は、未使用者で1.1、経皮的治療で1.3、経口治療で2.0

by internalmedicine | 2008-08-02 11:14 | 消化器  

<< HIV関連報告:頻度・抗結核薬... 鉄道運転手の睡眠呼吸障害とQO... >>