早期胃癌内視鏡切除後の予防的H pylori除菌は異時性胃癌発生に関して予防効果・・・Japan Gast Study Group

H. pylori感染と胃癌の関連が疫学・動物実験から判明している。H pylori除菌による、早期胃癌におけるその後の異時性胃癌発症への影響を検討したもの

Effect of eradication of Helicobacter pylori on incidence of metachronous gastric carcinoma after endoscopic resection of early gastric cancer: an open-label, randomised controlled trial
The Lancet 2008; 372:392-397
544名の早期胃癌で、新規診断・内視鏡治療プラン化された症例もしくは内視鏡治療後の切除後例をフォローアップした施設・オープンラベル、ランダム化対照トライアル
・除菌(n=272)
・対照 (n=272)


lansoprazole 30mg 1日2回
amoxicillin 750mg 1日2回
clarithromycin 200mg 1日2回


6,12,24,36ヶ月内視鏡検査


3年フォローアップで、異時性胃癌は除菌群で9例、対照群で24例

フォローアップ不能を含むITTにて、オッズ比は、 0·353 (95% CI 0·161–0·775; p=0·009)

腫瘍状態ランダム化後幼果評価例やフォローアップ不能例補正で、異時性胃癌ハザード比は0.339(95%CI 0.157-0.729;p=0.003)

除菌群で、19(7%)で下痢32(12%)で軟便


結論として、早期胃癌内視鏡切除後の予防的H pylori除菌は異時性胃癌発生に関して予防効果あり



Gastric cancer treatment guidelines: Gastric Cancer 2002; 5: 1-5.


胃癌EMR後除菌にて6割ほど胃癌異時性発生を抑えられるという効果が確認された。


日本ならではという先進的研究だろう・・・やっぱり、アメリカのNEJMでなく、イギリスのLancetで掲載されなかったんだなぁ・・・と再確認してしまった。白壁・市川先生たちの時代と根本的に変わってないのかもしれない・・・が、米国の医療が日本について行けてないだけかもしれない・・・

by internalmedicine | 2008-08-06 08:53 | 消化器  

<< MMP-9は冠動脈性心疾患(C... 統合失調症は、コストのかかる進... >>