米国:2008-2009 インフルエンザワクチン



2008-2009 インフルエンザワクチン
A/Brisbane/59/2007 (H1N1)-like virus:南半球のアクチンとなったウィルス株
A/Brisbane/10/2007 (H3N2)-like virus
B/Florida/4/2006-like virus:これも南半球のアクチンとなったウィルス株



WHOのウェブサイト更新まともにされてない・・・ようだ。
インドネシアでも6月19日で更新が止まっている

Google news(http://news.google.co.jp/news?q=indonesia%20avian%20influenza&lr)の方が情報が豊富だ

更新が止まってると、そのサイトの信頼性が低下する。WHOは立派な機関であることは自明だが・・・(日本ユニセフと違って(・・思想的偏りをもつ人達のプロパガンダや慈善活動機関にしては豪奢な建物(Street view)や経費や徴収方法など・・))


”Avian Flu strikes Indonesia again”などという記事(http://gbcghana.com/news/21773detail.html)が2008年8月7日付で書かれている。

by internalmedicine | 2008-08-11 08:43 | インフルエンザ  

<< 毎日新聞問題:御遺体を人前にさ... FDA:シンバスタチン高用量+... >>