エリートアスリートのRVOT-VT ・ ARVC 鑑別

右室型心室頻拍の下軸面での左室ブロックを示し、古典的な鑑別診断として、

Differentiation of RVOT-VT and ARVC in an Elite Athlete.
CLINICAL SCIENCES
The American College of Sports Medicine
http://www.acsm-msse.org/pt/re/msse/abstract.00005768-200808000-00001.htm;jsessionid=L2hGfmp7QPvhcBkg39SQLPF80NksTK1CjHhMvhJSShyY4L01v3Vm!1270838445!181195628!8091!-1

ARVCの早期潜在期において、右室・左室運動異常を伴う心電図異常を示す。この時期における鑑別診断は左室ブロック型のVTによるものでRVOT-VTのアスリートに認められる。
さらに、RVOT-VTの長時間持続型VTもARVC類似の心室運動異常を示す。
RF焼灼は鑑別診断に役立つツールであり、RVOT-VT治療がかなり有効で、ARVCにおいては限定的価値しか持たない。
フォローアップ価値評価は、特発性RVOT-VTの診断後の疾患状態の確認に重要

by internalmedicine | 2008-08-28 17:45 | 動脈硬化/循環器  

<< COPD患者におけるNRF2依... 血中総ビリルビン高値:卒中予防... >>