Multaq®(一般名:dronedarone):ERATO study:持続性心房細動の心拍コントロール

Dronedarone for the control of ventricular rate in permanent atrial fibrillation: The Efficacy and safety of dRonedArone for The cOntrol of ventricular rate during atrial fibrillation (ERATO) study
AHJ Volume 156, Issue 3, Pages 527.e1-527.e9 (September 2008)
慢性(permanentと表現)心房細動の心室レートの改善に有効

Dronedaroneはプラセボ比較で、24時間心室レートを低下
14日治療にて平均11.7/分(P<0.001)低下。6ヶ月でも継続。
最大運動時比較にて24.5/分低下
β遮断剤、CCB、ジゴキシンに付加的に有効



Multaq®(一般名:dronedarone)、心房細動の適応について
米国食品医薬品局の優先審査品目に指定
優先審査期間は2008年7月31日から開始
(pdf)
dronedarone(商品名:Multaq®)は心房細動や心房粗動の患者さんの予防および治療用としてサノフィ・アベンティスが創薬・開発している新薬で、心房細動の患者さんを対象に治験を実施中です。dronedaroneは、細胞のカルシウムチャネル、カリウムチャネル、およびナトリウムチャネルに作用し、抗アドレナリン作用を有するマルチチャネルブロッカーです。

by internalmedicine | 2008-09-04 17:43 | 動脈硬化/循環器  

<< 胃がんのためのH. pylor... 高血圧治療薬の心電図への影響:... >>