Primary central nervous system vasculitis (PCNSV) 良性亜型:より小血管の血管炎

Primary central nervous system vasculitis (PCNSV) という病名自体が馴染みないのだが・・・

8名のPCNSVの異なるサブセットを発表とのこと


Angiography-Negative Primary Central Nervous System Vasculitis: A Syndrome Involving Small Cerebral Vessels.
Medicine. 87(5):264-271, September 2008.
101名の連続PCNSV患者(1983年1月1日~2003年12月31日)で、通常血管造影診断症例70名、CNS生検31名で、31名中6名が血管炎の所見
76名がコホートで異常血管造影所見で、101名中8名が正常の血管造影所見("angiography-negative")で脳の生検で血管炎所見を有した。
この、angiography negative 8名を他の76名のangiography positive症例と比較

1) 認知異常 (87.5% vs. 43.4%; p =.024);
2) 脳脊髄液異常(a protein level >=700 mg/L or a white blood cell count >=10 x 106/L) (100% vs. 35.5%; p =.034);
3) 髄膜 or 脳実質のMRI上の異常(75.0% vs. 23.9%; p =.007)

angiograhpy-negative PCNSVは治療に反応し、死亡例無し


Angiography-negative PCNSVは通常の血管造影の分解能を超えた小血管病変の脳血管炎の異なるサブタイプのようである。そして予後良好な病型と考えられた。



Primary central nervous system vasculitis: analysis of 101 patients
Annals of Neurology Volume 62 Issue 5, Pages 442 - 451






http://aghneurosciences.org/conditions/stroke/Vasulitis.html

by internalmedicine | 2008-09-30 12:05 | 運動系  

<< 【否定的結果】グルコサミン+コ... 空腹時血糖は未診断糖尿病・無糖... >>