こどもの肥満と饑餓

物流・必須の人の流れにほ車は必要だが、果たして必要以上に車に乗る必要があるのだろうか?・・・景気が悪いと言うが、液晶テレビや贅沢な車が売れなくたって別に良いじゃないか?
今までの方が異常だった。

昨日のNHK19:30の番組はひどかった・・・”経営責任は問わず、公的資金注入を”というトヨタなどの会社の言い分を主張したいがためだけの番組・・・受信料返せ!


こうやって、一企業の危機をあおり、公金でも請求しようとでも考えているのだろうか・・・社会保障をつぶし、輸出戻し税で潤っていた悪徳企業TOYOTA
 ↓
トヨタ、円急騰で単体決算赤字に 戦後の経営危機以来
http://www.excite.co.jp/News/economy/20081219/Kyodo_OT_CO2008121901000187.html



一方世界では、小児の飢餓と小児の肥満の問題が同時に起きている。

CLINICAL REVIEW:
Mark J Manary and Heidi L Sandige
Management of acute moderate and severe childhood malnutrition
BMJ 2008;337:a2180, doi: 10.1136/bmj.a2180 (Published 13 November 2008)
直近10年でも、世界のこどもの1/10が急性の栄養不良に陥り、それは極端な貧困発展途上国で起きている。急性栄養失調は、死亡率区が高く、肺炎・下痢症のようなよく見られる小児疾患を惹き起こしし、死亡率は5-60%となる。そのマネージメント



CLINICAL REVIEW:
Ruth R Kipping, Russell Jago, and Debbie A Lawlor
Obesity in children. Part 1: Epidemiology, measurement, risk factors, and screening
BMJ 2008;337:a1824, doi: 10.1136/bmj.a1824 (Published 15 October 2008)

CLINICAL REVIEW:
Ruth R Kipping, Russell Jago, and Debbie A Lawlor
Obesity in children. Part 2: Prevention and management
BMJ 2008;337:a1848, doi: 10.1136/bmj.a1848 (Published 22 October 2008

by internalmedicine | 2008-12-19 08:53 | メディア問題  

<< ヘビメタのヘッド・バンガーは頭... テレビショッピングに関するトラ... >>