冠動脈ステント適用に関するFFR(Fractional Flow Reserve )の有用性


ルーチンの fractional flow reserve(FFR; the ratio of maximal blood flow in a stenotic artery to normal maximal flow)測定により、一人あたりの無用なステント挿入を減らすことができる。


Fractional Flow Reserve versus Angiography for Guiding Percutaneous Coronary Intervention
N Engl J Med. Vol 360:(3) 213-224 Jan. 15, 2009
20のUS/欧州の施設で、1005名の多枝冠動脈疾患患者をdrug-eluting stent植え込みのPCIにて、血管造影単独 vs FFRガイドによる判定による比較
ランダム化前に、血管造影所見ベースにてPCI必要病変は同定していた。
FFR 0.8以下のときにステント適用病変としたもの

主要エンドポイントは死亡率、非致死的MI、繰り返しの血管形成術必要性

【結果】
患者あたりの適応平均(±SD)数は血管造影単独群: 2.7±0.9 、FFR使用群: 2.8±1.0 (P=0.34)

患者あたりのステント数 2.7±1.2 vs 1.9±1.3, respectively (P<0.001)

1年時点でのイベント率は、 18.3% (91 patients)  vs  13.2% (67 patients) i(P=0.02)


血管造影群の78%、FFR群の81%が狭心症無しの経過であった (P=0.20)



Transcatheter Assessment of Coronary Pathophysiology
http://www.j-circ.or.jp/english/sessions/reports/64th-ss/kern.htm

by internalmedicine | 2009-01-15 11:43 | 動脈硬化/循環器  

<< 不正な調査に基づく「外来管理加... 非定型抗精神病薬も心臓突然死リ... >>