不正な調査に基づく「外来管理加算の要件」により影響は予想の3倍減収

不正な調査に基づく、「外来管理加算の要件」(08年6月1日 厚労省、外来管理加算で調査データを不正流用)だが、医療機関は100%この要件を問題視するとおもったが7割程度というところに、医療機関側の甘さが出てると思う。


診療報酬基本問題小委員会
http://www.mhlw.go.jp/shingi/2009/01/s0114-8.html

外来管理加算の要件および点数の見直しによる収入減
外来管理加算の意義づけの見直しによる影響額は、診療報酬改訂時に診療所で▲240億円と見込まれていた。しかし、今回の調査をもとに、算定要件の見直しによる算定回数の減少、後期高齢者に係る診療所の点数の引き下げの影響額を試算したところ▲748億円であり、当初の見込みを大幅に上回る減額であった。


外来管理加算の算定要件およびあり方についての意見
回答医療機関全体のうち、現在の外来管理加算の算定要件を「不適切」と考えている医療機関は52.1%であり、「やや不適切」とあわせると74.9%と7割以上に上っていた。
また算定要件を不適切と考えており、その理由として「計画的な医学管理を時間で判断していること」を上げたのは、回答医療機関全体のうち62.8%であり、医療機関の6割超が、時間で判断していることを問題視していた。


愛省バッジ「厚労省改革をすすめ、自分の職場に誇りを持ってしっかりやろうということで作った」(http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090112-00000504-san-soci)らしいが、非を認め、撤回するべき
 ↓



医師会側
(1)平成20年度診療報酬改定時の見込みを大幅に上回る影響額と試算された。これを裏付けるようにTKC医業経営指標でも診療所の医業経営は急速に悪化していることが判明しており、次回改定を待たずに是正すべき。(2)医療の質は時間で評価できないこと 等を強く主張

http://www.med.or.jp/japanese/members/iryo/res_gairai0901.html

by internalmedicine | 2009-01-15 12:15 | くそ役人  

<< ランダム化トライアルにおけるS... 冠動脈ステント適用に関するFF... >>