CRP / neopterin 比:細菌感染とウィルス感染鑑別

香港からの報告

neopterin、 C-reactive protein (CRP) 、 CRP to neopterin (C/N) 比の比較


Diagnostic utility of CRP to neopterin ratio in patients with acute respiratory tract infections
Journal of Infection Volume 58, Issue 2, February 2009, Pages 123-130

561名の患者で、C/N比はウィルスより細菌にて10倍値が高値、健康成人より42倍高値
AUC・ROCにて、0.840(0.783-0.898;P<0.05)
カットオフ値を>3とすると、細菌/ウィルスの診断・感度、特異度は79.5%、81.5%
感度分析にて、C/N比>3は ruling in/out、ベストケア・シナリオにて感度93.1%、特異度93.0%



Procalcitoninによる肺炎予後推定 2008年 06月 21日

以下の縛りのためと、当方の地域ではきわめてこの結果報告が遅いため現実的ではない・・・
ア プロカルシトニン(PCT)は、区分「D007」血液化学検査の「43」に準じて算定できる。
イ プロカルシトニン(PCT)は、敗血症(細菌性)を疑う患者を対象として測定した場合に算定できる。ただし、区分「D007」血液化学検査の「43」エンドトキシン定量検査を併せて実施した場合は、主たるもののみ算定する。(参考:)

by internalmedicine | 2009-02-19 15:38 | 感染症  

<< 中年の自発的脳活動が後年の記憶... 間質性肺疾患においても呼吸リハ... >>