静脈性下肢潰瘍に対する弾性包帯の効果

弾性の4層包帯(Four layer bandage) と 非弾性包帯(short stretch bandage)による静脈性下肢潰瘍の治療効果

プライマリアウトカムは、治癒までの期間で、独立因子をCox比例ハザードモデルで解析。セカンダリアウトカムは患者あたりの副事象発生と数
four layer bandage は、有意に治療期間短縮
ハザード比(95%信頼区間)は、1.31(1.09-1.58)、P=0.005


Four layer bandage compared with short stretch bandage for venous leg ulcers: systematic review and meta-analysis of randomised controlled trials with data from individual patients
BMJ 2009;338:b1344

by internalmedicine | 2009-04-24 09:30 | 医療一般  

<< COPD :スピリーバの有効性... RSウィルス感染後喘鳴乳幼児へ... >>