運動後のマッサージに意味はない?

以前、運動後マッサージが筋肉痛に有効かというのを紹介した(若年成人では筋ストレッチは運動後遅発性筋肉痛を減少させない。やっぱり、運動後マッサージ? 2007年 11月 02日

しかし、運動後マッサージは遅発性の筋肉痛を軽減する
Does post-exercise massage treatment reduce delayed onset muscle soreness? A systematic review
British Journal of Sports Medicine 1998;32:212-214; doi:10.1136/bjsm.32.3.212


って、ことだったが、疲労そのものの予防にはならないと・・・という発表
ただ、正式発表前メディアリークなので・・・出版後再確認が必要

Massage not beneficial after exercise
http://qnc.queensu.ca/story_loader.php?id=4a01a1eab47e8

annual American College of Sports Medicine conference in Seattle, Washington May 27-30, 2009
という学会の年次総会で発表予定らしい

Queen’s University 研究チームが筋肉への血流改善、乳酸その他の疲労物質の除去のためのマッサージに対して一撃を与えた。

マッサージが筋組織からの乳酸除去を助けると信じられ、科学的研究が絶対的不足にかかわらず、カナダのスポーツマッサージ治療ウェブサイト(Canadian Sports Massage Therapists )でもそのような記載がなされていた。


そもそも、乳酸=疲労物質と考えていること自体・・・

"Lactic Acid Not The Culprit In Muscle Fatigue"という、“速筋線維でできた乳酸が遅筋や心筋で使われる運動時を主体とした細胞間乳酸シャトル”

Quackery: 酢 2009年 05月 02日

アスリートへの成長ホルモン使用の影響 2008年 03月 27日



いずれにせよ、運動後の遅れてくる筋肉痛(Delayed onset muscle soreness (DOMS))を改善するなら良いじゃないか・・・と思うのだが・・・

by internalmedicine | 2009-05-11 15:33 | 運動系  

<< 吸入抗コリン作動薬は心血管イベ... 新型インフルエンザの迅速検査感... >>