マスク予防問題:一人のお馬鹿の発言を利用してミスリードする産経新聞

厚労省まで、マスク供給の問題をミスリードして、マスク不要を言い出してしまった。今後の高毒性飛沫感染症への啓発上も愚かな行政・・・そして、マスクをしている人たちを“馬鹿か、情報弱者のごとく扱う”民放・新聞社(NHKは今回(のみ)は、私が見る限り自重され効果もしっかり報道しておりしっかりしている)

CDC(http://www.cdc.gov/h1n1flu/masks.htm
Based on currently available information, for non-healthcare settings where frequent exposures to persons with novel influenza A (H1N1) are unlikely, masks and respirators are not recommended.
・・・が騒ぎの一因

さて、満員電車や密閉された状況を“新型インフルエンザ暴露リスクの少ない環境”と言い張れる人がいるか?


さすが、産経、ただでさえ混乱している現場をさらに混乱させようとする新聞さんたちや立岡さん、あなた方は、満員電車などを“リスク少ない”と言い切れますか?

”マスク予防に科学的根拠がないと発言した外岡立人という元保健所所長 外岡立人”で述べたごとく、ある関西系の番組出演時に専門家として出演し、そのいい加減さに怒りに打ち震えた訳だが・・

まだ言っている!

産経新聞よく読めば、立岡氏は欧米では、自分への感染がマスクで防げるかどうかについてはっきりとした効果があるとされておらずと事実と異なることを述べてるのに対して、新潟大学大学院の鈴木宏教授は自分に感染するのを完全に防ぐものではないと言っており、鈴木教授のコメントを産経新聞がミスリードしているのがあきらかである。


そもそも、完全に防げる手段があればだれも新型インフルエンザなど心配しないだろ!・・・この教授も簡単にマスコミの取材に安直な返事するな!


「マスク」 新型インフルエンザで需要急増 予防効果なし!?「過剰防衛」
魚拓 1ページ
魚拓 2ページ
魚拓 3ページ


マスゴミ名物 ・・・・ “!?” でごまかしながら、“マスクの効果を否定する”姑息なやりかた


新型インフルエンザに詳しい元小樽市保健所長の外岡立人さんは「インフルエンザ予防のため、マスクをするのは日本とアジアの一部の国で定着している衛生習慣」と指摘する。

 その理由として、外岡さんは「欧米では、自分への感染がマスクで防げるかどうかについてはっきりとした効果があるとされておらず、マスクは病原体を持っている人が第三者にうつさないために使用されている」と説明。欧米では、手にウイルスがつくことが考えられるため手洗いをしたり、人込みに入らないようにしたりする教育が徹底的に行われている。

 つまり、欧米でマスクをしている人は「自分が病気で第三者にうつさないためにしているか、顔を見られたくないためにしている」(外岡さん)という。


 予防アイテムとして、マスクの効果はどうなのか。新潟大学大学院の鈴木宏教授(公衆衛生)は「第一義的には(新型インフルに)かかった人が他の人にうつさないことに効果があり、自分に感染するのを完全に防ぐものではない」と指摘。さらに、「マスクを外すこともあり、鼻や口を完全に覆っていないなど正しい付け方をしていない人もいる。それより、せきをしている人が外に出ないようにすることが効果があるのではないか」と分析する。




呼吸器系ウィルス予防効果に関しては、再三書いてきた(ワクチン接種や薬より「うがい」「手洗い」が効果的と発表する日本のマスコミ  2007年 11月 30日)が・・・
Physical interventions to interrupt or reduce the spread of respiratory viruses: systematic review
BMJ, doi:10.1136/bmj.39393.510347.BE (published 27 November 2007)
マスク予防問題:一人のお馬鹿の発言を利用してミスリードする産経新聞_a0007242_17431869.jpg


行政畑にいる人って、自分で文献検索することってないのだろうか?

“エビデンスがない”という事への反論は簡単。一つのエビデンスをあげれば反論完了である。故に、立岡氏への反論はすでにいろんな人たちが完了しているのである。

にもかかわらず、いまだに、現場に混乱をもたらす、予防効果エビデンス無しという虚言・・・



議論すべきは
・副事象:美容上の問題、コミュニケーション阻害にならないかどうか?
・どの程度の予防効果があるか、コストに見合うかどうか?
である。

効果がないという全面否定の問題は現時点ではあり得ないし、効果はあるが、それに見合う者があるかどうかという議論が必要なのである。


昨日、NHK昨夜のニュースで、桝添大臣がわざわざ中央値という表現をしているのに、平均値と言い換えるほどの科学的基礎知識のないメディア・・・そういう連中が雑音をまき散らしている日本の現状


”これは本当に有能といわれている日本の官僚”って、産経ほんとにおもってるのか?まず、国の支出をしませんと宣言する官僚が支配する日本、それをよいしょする産経
新型インフル、予算面で新しい措置講じなくても対応可=杉本財務次官
2009年 5月11日 (月) 19:02(魚拓

by internalmedicine | 2009-05-21 10:50 | インフルエンザ  

<< EGFR変異マーカーとしての重... 教育病院は金がかかります >>