rosiglitazone安全という結論に異議あり

RECORDトライアルの最終報告は、Avandia(rosiglitazone)に関連した包括的な心血管合併症・死亡率増加を示さずというものだった。

"There's no increased risk, no decreased risk. And that includes the heart failure element."

だが、2007年の解析(New England Journal of Medicin)時点で、服薬割り当て群の約30%が服薬せず
前提としたプライマリイベント率より低かったため統計学的パワーの低下となった可能性がある。The Lancetの記載だと、Avandia服用を研究最後まで完遂したひとが少なかったので、これを評価することは不可能なのである。



ACCORD、VADT、RECORDはいずれも安全性の疑問に対するターゲットにして行われた治験でないのだ・・・





pioglitazone とrosiglitazoneの心血管系への影響は、直接比較TIDE研究の予定・・・2015年終了と気の長い話

by internalmedicine | 2009-06-06 11:52 | 動脈硬化/循環器  

<< イランのメタボリックシンドローム 麻生さん、桝添さん・・・WHO... >>