Lp(a):心筋梗塞への原因である(Mendelian randomization study)

Lp(a)高値は、心筋梗塞リスクの増加と相関するが、Lp(a)増加が心筋梗塞の原因の一つとなり得るか、コペンハーゲンの白人居住者へのmendelian (genetics) randomization study


Genetically Elevated Lipoprotein(a) and Increased Risk of Myocardial Infarction
JAMA. 2009;301(22):2331-2339.

Lp(a)多様型、 kringle IV type 2 (KIV-2) size polymorphismは心筋梗塞リスク増加と相関
Lp(a) KIV-2遺伝子は、causal associationが、そのリスク増加とともに認められた。

エディトリアルに、"mendelian randomization"アプローチの利点と限界について 検討がなされている。

Lp(a)、plasminogen-like glycoproteiinと結合するLDL分子は予防治療ターゲットの候補ではあったが、心筋梗塞に関する原因となり得るかどうか不明であった。


現状では、Lp(a)測定は、介入により決定的な効果薬剤が無い以上、動脈硬化専門家のお遊びと言われても仕方ないと思う。


mendelian (genetics) randomization study(International Journal of Epidemiology 2003;32:1-22 
“Mendelian randomization”は両親から子孫へ、減数分裂中に遺伝型がランダムに割り付けられることで、mateの選択が遺伝し型と相関しないなら、遺伝し型分布は平坦な分布を示すだろうという理論にもとづくもので、“自然なランダム化トライアル”と考えられる。



道具的変数(instrumental variable, IV; もしくは操作変数)の導入にて、,相関係数だけから因果関係を推論することはできないことを打破する目的の解析方法。

by internalmedicine | 2009-06-10 10:12 | 動脈硬化/循環器  

<< Zikaウイルスのラップ島での... 毎度おなじみのテーマ、敗血症・... >>