糖尿病血管再建術後のプラビックス+プロトンポンプ阻害剤併用は避けるべき?

Proton pump inhibitors (PPIs)は、心血管イベント予防のための、クロピドグレル硫酸塩(プラビックス)の有効性を阻害するとADA(6月6日)報告(情報ソース:http://www.docguide.com/news/content.nsf/news/852571020057CCF6852575CE005C840C

Ron Aubert(Clinical Analysis and Outcomes Research, Medco Health Solutions, Franklin Lakes, New Jersey)らが4005名のPCI・ステント施行患者のアウトカムをClopidogrel Medical Outcomes trialで調査

この解析で、主要副事象心血管イベントリスクは有意にPPI併用群で高い(25.1% vs 17.9%; P < .0001)

プライマリエンドポイントは12ヶ月の合成心筋梗塞・不安定狭心症、卒中・TIA、PCI・CABG、心血管死(蘇生・入院)イベント発生

PPIは、omeprazole、 lansoprazole、 esomeprazole、 pantoprazole、 rabeprazole

プライマリエンドポイント率は、PPI非服用 19.7%、PPI服用で26.7%(ハザード比 1.44, P < .0001)

糖尿病を有する患者の冠動脈ステント後の一年以内において、心臓イベント重大副事象に関して、PPIとclopidogrel間の相互作用は臨床的に意義がある


PPIとclopidogrel併用に関して落胆すべき推奨をすることを指示すると著者ら


Stanek EJ, Aubert RE, Rolf P, et al. Proton pump inhibitors diminish effectiveness of clopidogrel after coronary stenting in patients with diabetes. American Diabetes Association 2009 Scientific Sessions; June 8, 2009; New Orleans, LA. Abstract 1034-P.

Proton pump inhibitors diminish effectiveness of clopidogrel after coronary stenting in patients with diabetes.

by internalmedicine | 2009-06-15 14:31 | 動脈硬化/循環器  

<< 「新型インフルエンザ隠し」の... 産経新聞岩崎氏の妄言・暴言 >>