NEJM新型インフルエンザAサイト情報

新型インフルエンザA(豚由来)のタミフル耐性のマスコミ報道
・Roche Holding AGが確認
・低用量のため耐性ができた?
・リレンザは有効だった?
Swine flu 'shows drug resistance'
Experts have reported the first case of swine flu that is resistant to tamiflu - the main drug being used to fight the pandemic.
Page last updated at 16:15 GMT, Monday, 29 June 2009 17:15 UK

Roche Holding AG confirmed a patient with H1N1 influenza in Denmark showed resistance to the antiviral drug.



Drug-Resistant Flu Strain Turns Up in Denmark but Doesn’t Last Long

http://www.nytimes.com/2009/06/30/health/30glob.html?hpw
An executive of Roche, the Swiss maker of Tamiflu, held a telephone news conference to describe the progress of the Danish patient, who apparently developed the resistant strain while being protectively treated with a low Tamiflu dose because a close contact had the swine flu. Doctors switched treatment to a different but related drug, Relenza, and the patient recovered.



以下の新しい研究報告とコメンタリーがH1N1インフルエンザセンター(http://h1n1.nejm.org/)にポストされ、ニュースアップデート、ポリシー情報、過去のインフルエンザ流行の文献、H1N1インフルエンザケースの世界インタラクティブ・マップなどが掲載されている。
Severe Respiratory Disease Concurrent with the Circulation of H1N1 Influenza
June 29, 2009 (10.1056/NEJMoa0904023)
インフルエンザ・パンデミックの初期、重症肺炎立の急激な増加があり、重症疾患の年齢分布の偏りがあり、1957年パンデミック以前子供であった時代のH1N1種暴露世代の相対的防御的影響を示唆する。
これらの結果から、ワクチン資源・配布が制限されたら、若年世代の予防効果に対して集中的予防のrationaleがあることが示唆される。



Pneumonia and Respiratory Failure from Swine-Origin Influenza A (H1N1) in Mexico
June 29, 2009 (10.1056/NEJMoa0904252)

臨床経過




死亡事例:レントゲン写真では、両側肺胞性陰影が両肺のベースに広がり、進行し融合的となっている。組織では、細気管支壁の壊死(上矢印)、好中球浸潤(真ん中矢印)、著明な硝子膜を伴うdiffuse alveolar damage(下矢印).


Historical Perspective — Emergence of Influenza A (H1N1) Viruses
June 29, 2009 (10.1056/NEJMra0904322)

The Persistent Legacy of the 1918 Influenza Virus
www.nejm.org June 29, 2009 (10.1056/NEJMp0904819)

Spread of a Novel Influenza A (H1N1) Virus via Global Airline Transportation
www.nejm.org June 29, 2009 (10.1056/NEJMc0904559)
International Air Transport Association (IATA)のデータを用いた分析で、5月29日までのデータ



Rapid-Test Sensitivity for Novel Swine-Origin Influenza A (H1N1) Virus in Humans
June 29, 2009 (10.1056/NEJMc0904264
767名のインフルエンザシーズンで、迅速検査(QuickVue Influenza A+B (Quidel))は、RT-PCR分析のS-OIVの陽性例に対して20/39(感度51%、95%CI 35-67%)、RT-PCRのH1N1季節型インフルエンザ陽性に対して12/19(感度 63%、95%CI 39-81%)。RT-PCRのH3N2インフルエンザ陽性へは6/19(感度 31%;95% CI、14-57%)。RT-PCRに対する特異性は99%


こんな感度の悪いものを検疫でつかってたとは?・・・今更ながら、厚労省のバカぶりに・・・

Results of RT-PCR Analyses of 3066 Specimens, According to Influenza A Subtype.

by internalmedicine | 2009-06-30 09:50 | インフルエンザ  

<< 糖尿病網膜症における、(Pro... 安定狭心症に対するインターベン... >>